1時間の仕事を15分で終わらせる(清水久三子著)


仕事の速い人は期待値のコントロールが絶妙

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『1時間の仕事を15分で終わらせる』(かんき出版)に出てきた言葉です。
著者はオーガナイズ・コンサルティング株式会社代表取締役の清水久三子さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

仕事の満足度は、相手の期待値と一致しているかどうかによって決まります。
仕事の速い人は、実際の思考や作業の速さもさることながら、この期待値のコントロールが絶妙です。

期待値のコントロールとは、QCD、クオリティ(品質)、コスト(費用)、デリバリー(納期)という3つの条件で相手と合意することです。
このQCDについて交渉するか/しないかで、相手の期待値とのギャップの大きさがまったく違います。

これは「先に言えば説明、後に言えば言い訳」と受け取られるからです。
時間的にはかなり厳しいと先に説明しておいてから、早いタイミングで提出できれば期待を超えることも可能です。
出した資料を最速で受け入れられるかどうかは、期待値コントロールにかかっているのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆Input→Process→Output。仕事はIPOで進む
◆IPOにコンディション(体調)を加えて仕事のボトルネックを見つけ出す
◆必要なのは「選択力」「処理力」「突破力」「持久力」の4つの力
◆やるべき仕事にだけ集中する
◆仕事を処理しやすい塊に分け、それをスケジュールに落とし込む
◆考える「型」を身につけることで、仕事の処理速度は劇的に高まる
◆仕事の満足度は、相手の期待値と一致しているかどうかによって決まる
◆仕事のパフォーマンスを高めるために、コンディション(体調)を整える

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201703issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → http://www.dlmarket.jp/products/detail/458420

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201703_4.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2017年3月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ