山田進一 | 口ベタでも人を動かす 魔法のプレゼン


★プレゼンで成果を出す
 『口ベタでも人を動かす 魔法のプレゼン』
 山田進一(プレゼンマスター)著
 あさ出版刊 1,300円(税別)

【キーワード】
◆プレゼンの極意とは、話がウケることでも、わかりやすい説明でもない
 プレゼンの聞き手をこちらの期待通りに行動させることだ
◆プレゼンで人を動かすためには、誰に、どんな行動をしてもらうのか、
 そのために何を話すのかを明確にし、効果的な説明の順番を設計すること
◆プレゼンで最も重要なのが最後の5分間だ
 聞き手にこれからどんな行動をしてほしいのか、今一度念を押そう
◆プレゼン終了後、プレゼン実施チームによるディスカッションと
 聞き手にヒアリングを行い、次回のプレゼンへ反映させよう

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス2010年9月号でご紹介しました 
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年4月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ