永田豊志 | 頭がよくなる「図解思考」の技術

Pocket

★できる人は「図」で考える
 『頭がよくなる「図解思考」の技術』
 永田豊志(知的生産研究家)著
 中経出版刊 1,429円(税別)

【キーワード】
◆「図解通訳」は「リアルタイムに図解でメモをとる」スキル
◆図解メモは箇条書きメモと比べて、スピーディーに記録、モレやダブリを
 簡単に発見、右脳も一緒に働かせることになり記憶力が強化、アイデアを
 展開するツールになる等のメリットがある
◆図解通訳の基本となる構成要素は四角形と矢印といたってシンプル
◆ツリー型やフロー型等のフレームワークをいくつか頭の中に入れておく
◆フレームワークはどれもがもとを正せば四角形と矢印の発展形だ
◆習慣化は成功の鍵だ。図解通訳を日々の生活の中で習慣化させよう

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス2010年2月号でご紹介しました 
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年4月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ