美崎栄一郎 | 「結果を出す人」はノートに何を書いているのか

Pocket

★スーパーサラリーマンのノート術
 『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』
 美崎栄一郎(花王株式会社勤務)著
 Nanaブックス刊 1,400円(税別)

【キーワード】
◆記録を取っておくことで経験はためられる
◆学生は覚えるためにノートを使うが、社会人は忘れるためにノートを使う
◆メモノート、母艦ノート、スケジュールノートの三冊と付箋を活用
◆母艦ノートは一冊にまとめ、時系列で書いていく
◆母艦ノートには、日付付箋、しおり付箋、インデックス付箋を使う
◆勉強ノートは仕事ノートと同じノートにして時間を有効活用する
◆アナログノートの検索はデジタルで行うが、
 キーワード検索ではなく、ノートの表紙を工夫してイメージ検索を使う

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス2009年11月号でご紹介しました 
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年4月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ