荘司雅彦 | 反対尋問の手法に学ぶ 嘘を見破る質問力


★無用な人間関係のトラブルに悩まされないために
 『反対尋問の手法に学ぶ 嘘を見破る質問力』
 荘司雅彦(弁護士)著
 日本実業出版社刊 1,500円(税別)

【キーワード】
◆あなたが思っている以上に人間というものは嘘をつくことが苦手だ
◆嘘つき?記憶違い?それとも思い込み?
◆悪意のない虚偽に対しては、客観的な事実を小出しにしていくこと。
 すべてを開示すると相手は必死になって抵抗する
◆記憶の食い違いは、相手と一緒に写真や文書などを見ながら、共同作業で
 真実を思い出したような形にもっていくことで人間関係は円滑になる
◆医師、法律家、学者などのつい過大評価しがちな専門家に対しては、
 質問事項を少しずらす、つまり「土俵を変える」という作戦が有効になる

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス2008年9月号でご紹介しました 
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年4月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ