野口和裕 | SEのための「どこでもやれる力」のつけ方


★新人、中堅、ベテラン各時代のビジネスパーソンの力のつけ方を学ぶ
 『SEのための「どこでもやれる力」のつけ方』
 野口和裕(NTX社長)著
 技術評論社刊 1,980円(税別)

【キーワード】
◆新人SE時代の目標は「社内で認められるSEになること」だ
 4つの原則:自分のために仕事をすること、顧客の悩みを考える
       武器を持つ、与えられた仕事に全力で取り組む
◆中堅SE時代の目標は「社外で認められ、噂になるSE」だ
 3つのスキル:コミュニケーション力、チームワーク力、育てる力
◆ベテランSE時代の目標は「これからの人生のための基準を探る」こと
 仕事を選ぶ3つの基準:
自分が好きなこと、自分の強みを活かすこと、社会的に意義のあること

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス2008年4月号でご紹介しました 
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年4月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ