松本幸夫 | 「感じがいい」と言われる人の話し方


★「感じがいい人」には誰でもなれる
 『「感じがいい」と言われる人の話し方』
 松本幸夫(研修講師)著
 日本実業出版社刊 1,300円(税別)

【キーワード】
◆感じがいい会話をするためには、聞き手の存在を意識することが大切
◆会話以前のマナーとして、相手の状況を考えること
◆話がわかりやすいのは、感じがいい人の条件の1つ
◆誰にでもわかりやすい話の例は「昔話」:
◆話をわかりやすくするポイント:「間をとる」「語尾をはっきりさせる」
◆「話は変わるけど」という言い回しは使わない
◆感じがいい人は常に心の状態が積極的、前向き
◆まずはあなたが先に「相手を好きになる」こと

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス2007年8月号でご紹介しました 
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年4月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ