多湖輝 | 盲点力


「盲点力」がつけば、発想が変わる
『盲点力』
多湖 輝(千葉大学名誉教授)著
新講社刊
1,365円(税込)

【キーワード】
◆一つの考えにこだわってしまうと他のものが見えなくなる
◆盲点力のある人は常識や先入観にとらわれない
 ものごとをうわべだけで判断せずに、裏側や陰の部分にも注目する
◆駅前の放置自転車が突然消えた訳は「小さな植木鉢」
 行き詰まった時には、正反対の方法を考えてみる
◆ゼロ戦に対抗するために生まれたグラマンF6Fヘルキャット
 鳥の姿にヒントを得た、翼を折って格納できる戦闘機
 行き詰まったら、最強の壁の弱点を探してみる大らかさも盲点力には必要だ
◆「ことわざ」の持つ盲点力
 ことわざは思考停止や判断停止に陥った人間をポンと後押ししてくれる
◆「善は急げ」に対して「急がば回れ」があるように、ムードや勢いに任せて
 行動する時に生まれる盲点を、別のことわざが補ってくれるのだ

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス 2004年7月号でご紹介しました。
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年3月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ