ロザンヌ・バドゥスキー | ジャック・ウェルチに学んだ仕事の流儀


「ジャック・ウェルチの秘密兵器」と呼ばれた補佐役が明かす
『ジャック・ウェルチに学んだ仕事の流儀』
ロザンヌ・バドゥスキー(ジャック・ウェルチの補佐役)
ロジャー・ギティンズ(ライター)著
サンマーク出版刊
1,900円

【キーワード】
◆マネージ・アップ-上司が全力でビジネスに集中できるよう補佐をする
◆「今日の私の仕事は目標達成の一助となったか」と自問しよう
◆「私がやります!」は自信をつけるための魔法の言葉
◆部下は上司の性格を変えようとしてはいけない。
 合わせるのは部下の方だ
◆上司の強みに焦点を合わせる
◆自分の上司の目標が何かを理解しよう
◆自分の目標は上司の目標に沿ったもの、または互換性があるものだろうか
◆備えよ常に
 上司のための準備をうまくこなすためには上司の予定表をよく見ること
◆情報や知識は自分の方から提供すること。
 上司から聞かれるまで待つな

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス 2004年3月号でご紹介しました。
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年3月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ