伊東明 | 「できない」が「やってみよう!」に変わる1分間思考改革術


「できない」と言い続けて一生を終えてもいいのですか?
『「できない」が「やってみよう!」に変わる1分間思考改革術 』
伊東 明(心理学者)著
講談社刊

【キーワード】
◆人は「できない」というネガティブ思考に縛られている
◆「できない」に閉じ込める言い訳「能力的に無理だ」「そんな資金はない」
 「今はまだダメだな」「うまくいった試しはない」「恥かくぞ」・・・
◆言い訳に反論を加えよう「やってみなければわからない」
 「お金は集めればいい」「恥をかかないで成功した人なんかいない」・・・
◆変えるべきは「性格」ではなく「行動」だ
◆抽象的な目標や行動計画を立てるからNGになる
◆具体的な「目標」を立てるには「ビジョン質問」が有効
◆長期目標と中期目標は思い切って捨て、「短期目標」だけに注目する
 短期はすぐにできることだから俄然やる気がでる
◆三日坊主でいい、三日坊主を繰り返そう
 三日でも具体的に行動すれば必ず何かが身につく

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス 2003年5月号でご紹介しました。
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年3月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ