営業ならもっと数字で考えなきゃ! | 香川晋平著


アポは週前半の月・火をまず埋める

この言葉は『営業ならもっと数字で考えなきゃ!』(あさ出版刊)に出てきた言葉です。
著者は会社の黒字化、社員の黒字化をお手伝いする公認会計士・税理士の香川晋平さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

黒字営業マンに、アポイントを取る時の心構えについて聞きました。
すると、彼はこんなことを言ったのです。

 営業にとって最も生産性の高い時間は、見込客との面談時間です。
 そこで、面談時間を増やすために、
 翌週のアポであれば、週前半の月・火をまず埋めてしまいます。
 週後半のアポは、週前半のアポの合間に連絡したり、見込客に紹介を依頼
 したりすることで、1週間の予定を埋めるようにしました。

この営業マンは、いつも後輩営業マンにこんなアドバイスをしているそうです。
「来週の月・火のアポは、もう詰め込んだんか」

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆人間は会った回数が多い人に好感を持つ
◆営業にとって最も生産性の高い時間は、見込客との面談時間
◆翌週のアポは、週前半の月・火をまず埋める
◆週後半のアポは、月・火のアポの合間に連絡や紹介で埋める
◆その他大勢と一緒になっていては営業成績は上がらない
◆クイックレスポンスでまず10点、これでお客様の心をつかむ
◆他人のためにどれだけ尽くせるかが、トップ営業マンの秘訣
◆リピートや紹介をいただくためには、お客様との間に信頼関係が必要

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201403issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → http://www.dlmarket.jp/products/detail/257108

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201403_3.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
ビジネス書名言集の素のメルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

)

タグ

2014年3月12日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:営業

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ