箱田忠昭 | 「高いなぁ」と言われても売れる営業のしかけ


★値切られても高く売れ!
 『「高いなぁ」と言われても売れる営業のしかけ』
 箱田忠昭(教育・研修会社、インサイトラーニング社長)著
 クロスメディア・パブリッシング刊 1,280円(税別)

【キーワード】
◆お客からの断り文句や反論を乗り越える最も良い方法は賛成すること
 クッション話法で一旦すべてを受け止める
 「Yes-But」法ではなく、「Yes-And」法を使う
◆買ってもらう理由を説明するときはお客の利益を中心に具体的に話すこと
◆お客は決して嫌いなセールスパーソンから商品やサービスを買わない
◆ロバート・ザイアンスの「熟知性の法則」のとおり、接触頻度を高めること
◆セールストークよりセールスリスニングに力を入れる
◆買い手と売り手の力関係は相対的なもの。逆転も可能だ

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス2010年3月号でご紹介しました 
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年4月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:営業

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ