顧客に必ず“Yes”と言わせるプレゼン | 新名史典著


ひと手間フォローする

この言葉は『顧客に必ず“Yes”と言わせるプレゼン』(同文舘出版刊)に出てきた言葉です。
著者は日本唯一のプレゼンテーション専門コンサルタント企業、株式会社Smart Presen社長の新名史典さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

「プレゼンが終了した段階で仕事終わり!」と言いたいところですが、実はそうではありません。
大変良いプレゼンで、相手の評価も上々だったとしても、そのあとが実は非常に重要です。

それが最後のプロセスで、相手が稟議書を通しやすいように、少しだけお手伝いしてあげるのです。
これを私はひと手間フォローと呼んでいます。

多くのことをやる必要はないし、そもそも、他の会社や組織の中のことですから、それほど首を突っ込むわけにはいきません。
目的は、相手の仕事がしやすいようにアシストしてあげることです。
ここをしっかりと理解していれば、少しのお手伝いであっても大きな効果を上げることができます。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆プレゼンは「よし! これでいこう!」というOKをもらうために行う
◆ヒアリングを重視し、相手の期待に応える
◆聞き手にとってわかりやすいストーリーを作る
◆資料への盛り込みすぎは危険。情報を整えよう
◆聞き手に参加してもらう、実体験してもらう工夫をする
◆自分自身を知り、よく見えるようにコントロールする
◆本番でしゃべる時間の10倍は練習する
◆相手が稟議書を通しやすいようにひと手間フォローする

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → http://youtu.be/1QqDJsQ59NI

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201403issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → http://www.dlmarket.jp/products/detail/257108

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201403_2.html

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ