矢島尚 | PR会社の時代

Pocket

★PRを制するものが市場を制す!
 『PR会社の時代』
 矢島 尚(上場PR会社、プラップジャパン社長)著
 東洋経済新報社刊 1,500円(税別)

【キーワード】
◆不祥事が発生した時にPR会社に相談するのは今や常識
◆不祥事を対岸の火事だと思わないこと
◆ブランドは広告ではなく、PR活動で育つ
◆社長は最大の広告塔。メディアトレーニングを普段から受けておこう
◆大企業だけでなく、個人や中小企業もPR会社を使う時代

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス2006年9月号でご紹介しました 
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年4月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:広報

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ