最新情報

一流の磨き方(浜野安宏著)

人の運は、思考の広さと行動の量で決まる

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『一流の磨き方』(ダイヤモンド社)に出てきた言葉です。
著者は映画監督、ライフスタイル・プロデューサー、生活探検家の浜野安宏さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

私は、自分のことを「運がいい」と思っています。
運が奇跡的なタイミングであらわれ、私を導いてくれることが多いからです。

「運がいい人」になるために大切なことは、2つあります。
ひとつは、「思考の幅を広げ、自由に物事を考えること」です。
発想を限定させずに、さまざまな可能性を考えてみる。
そうすることで、無関係に見えていた「A」という出来事と、「B」という出来事がつながることがあります。

もうひとつは、「行動の量や回数を増やすこと」です。
「釣り」で釣果を上げたいのなら、何度も海や川に通い、歩き回り、何度もキャストするしかありません。
「運の良さと行動の量は、正比例する」のです。

「人の運は、思考の広さと行動の量で決まる」、私はそう確信しています。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆人生とは、「今、ベストを尽くすこと」
◆遊んでこそ、クリエイティブな発想が生まれる
◆お金を動かすときは、入口と出口を両方考えておく
◆自分を成長させたいなら、できるだけ「違う人」と会う
◆「この人に会いたい!」と思ったら、すぐに連絡をして会いに行く
◆人の運は、思考の広さと行動の量で決まる
◆難しい道ほど多くのものをもたらし、新しい世界が目の前に広がる
◆山のような失敗の中にだけ、一粒の大きな成果が残る

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201710issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/528465

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201710_4.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2017年10月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

図解でわかる! 回せるPDCA(藤原毅芳著)

世の中に課題解決方法は無限に存在している

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『図解でわかる! 回せるPDCA』(秀和システム)に出てきた言葉です。
著者は経営コンサルタントの藤原毅芳さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

世の中に課題解決方法は無限に存在しています。
自分の記憶の中から課題解決方法を探さないでください。
解決の幅が狭くなってしまいます。

課題解決の方法を見つけるには、異業種を見ることです。
やはり先端を行く業界には新たな発見があるものです。
解決の具体案は時間をかけ、視野を広げ、探し当てることがポイントです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆多くPDCAを回転させれば、それに比例して結果も大きくなる
◆計画を立てる前に「見える・考える」のプロセスを踏む
◆世の中に課題解決方法は無限に存在している。異業種を見よう
◆計画を立てるときは、確信が持てるまでシミュレーションを重ねること
◆計画を共有するには、伝える側があきらめないこと
◆計画を実行にうつすとき、まずは計画通りに動いてみること
◆成長速度の速い会社は評価を毎週行う
◆お客様の立場にたち、時代に沿ってPDCAを回し続ける

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201710issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/528465

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201710_3.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2017年10月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

最高の職場をつくる働くルール(坂上和芳著)

上司のきめ細かい面談によるサポートが職場満足度を高める

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『最高の職場をつくる働くルール』(ぱる出版)に出てきた言葉です。
著者は人事労務コンサルタント・社会保険労務士の坂上和芳さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

パワハラなどハラスメントだけが原因ではないですが、社員のメンタル不調をいち早く察知することが重要です。
最近はストレスチェックという方法もありますが、さまざまな企業、病院、介護施設などを回っている限り、あまり機能しているようには思えません。

セルフケアも大切ですが、やはり上司によるケアが重要です。
上司による定期的な面談を効果的に実施している職場は、社員のモチベーションを上手に高めているケースが多いように思います。
上司のきめ細かい面談によるサポートが職場満足度を高めるのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆改革を叫ぶ前に、職場の労働時間の状況、勤務環境の把握と見直しが必要
◆長時間労働の是正や残業削減は、人事・評価制度の見直しと併せて実施
◆個人にあわせた自由な働き方ができることは、従業員満足度を高める
◆働き方改革は「休み方改革」でもある
◆社員が疲弊した職場、コミュニケーション不足の職場ではパワハラが残る
◆経営トップが、職場のパワハラ撲滅を宣言する
◆管理職に対するパワハラの防止に関する研修を徹底的に行う
◆上司のきめ細かい面談によるサポートが職場満足度を高める

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201710issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/528465

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201710_2.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2017年10月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

間接材購買戦略(谷口健太郎著)

戦略購買と非戦略購買

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『間接材購買戦略』(東洋経済新報社)に出てきた言葉です。
著者はディーコープ株式会社社長の谷口健太郎さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

会社や企業という組織の中ではいろいろなモノやサービスを購買しています。
その購買の中で、一般的に言われている言葉が、「直接材の購買」と「間接材の購買」という言葉です。

ただ、世の中に直接材という言葉と間接材という言葉に明確な定義があるわけではありません。
私たちはこれまで延べ1700社以上のお客様に対して、16年間「間接材」の購買支援をしてきているのですが、説明しやすく使いやすい定義として「戦略購買」と「非戦略購買」という新しい分類の定義をつくらせてもらっています。

一般的には、直接材は売上原価に、間接材は販売費・一般管理費に計上されています。
別の表現をすれば、直接材は購買・調達そのものが会社の戦略となっている戦略購買であり、間接材は売上高に直接影響を及ぼさない非戦略購買であるといえます。

ただ会社の経理のルールや取り決め上、売上原価に算入しているものの中にも、非戦略購買に当たる部分もあるのです。
例えば、製造業における工場での購買で、製造した製品を包装する段ボールなどの副資材や、作業着や安全靴、ヘルメットなどです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆「直接材の購買」と「間接材の購買」
◆「戦略購買」と「非戦略購買」
◆戦略購買額と非戦略購買額の比率は8対2
◆戦略購買の部分は、担当者がいて適正な価格で購買できている
◆非戦略購買の部分は適正な価格で購買できていないので宝の山
◆購買業務で重要なのは、業界の情報の取得、アップデートと保管
◆購買していくプロセスを正しく行い、そのプロセスを「見える化」して残す
◆購買は、ソーシングとパーチェシングというプロセスに分かれる

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201710issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/528465

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201710_1.html

ユーチューブで試聴する
 → 

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2017年9月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

このページの先頭へ