「売らない」から売れる | 寺田元

Pocket

売ろうとしないから売れる

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『「売らない」から売れる』(日本実業出版社刊)に出てきた言葉です。
著者はタオル専門のネットショップを運営するタオルソムリエの寺田元さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

インターネット通販サイトの多くが、「いらっしゃいませ。こちらの商品は〇〇円になります」と、売ろう売ろうとしています。
しかし、インターネットは本質的には「情報を無料で得られるツール」です。
そこで売ろうとすればするほど、売れません。

昔の自分を含めて、ネット通販に携わる人の多くは、「お客さんは買うためにサイトに来ている」と思っています。
そうではなく「お客さんは情報を得るためにサイトに来ている」のです。

この誤解に気づかないと、いつまでも、セールだ、ポイントだとなるわけです。
「売ろうとしないから売れる」というのは、一見矛盾しているようですが、商売を通して、身をもって感じ取った真実です。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆当初の販売不振の原因はインターネットの本質を理解していなかったこと
◆モニターの向こう側には困りごとを抱えている生身の人間がいる
◆タオルの産地で生産工程を学び、サイトの作り方を変える
◆作り手、売り手、買い手の「三方よし」
◆ブランドに必要なものは「新規性」「話題性」「社会性」
◆インターネットは、本質的には「情報を無料で得られるツール」
◆タオルのリユースとタオルの「ミミ」を使った緩衝材でエコ活動
◆「世の中にとって良いこと」を、人は応援したくなる

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/Mq6n06cx-rU

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201402issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/248942

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201402_3.html

タグ

2014年2月10日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:マーケティング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ