選ばれる理由 | 武井則夫著


理由があれば行動する

この言葉は『選ばれる理由』(現代書林刊)に出てきた言葉です。
著者は中堅中小企業の増客と高付加価値化を支援する一般社団法人企業価値協会代表理事の武井則夫さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

お正月、私たちは朝からお酒を飲んだりします。
春、梅の花や桜の花が咲き誇ると、昼間から花を愛で、宴会が始まります。
バレンタインにチョコレートを送るのはなぜでしょう。
母の日にカーネーションを贈る人も多いはずです。・・・
もうお気づきかもしれません。私たちは理由があれば行動するのです。

理由があれば行動するのですから、私たちが何かに対して「お金を払うという行動」にも理由があるということです。
そして世の中にはお金を払う対象が1つしかないということは稀です。
たくさんの選択肢があって、その中から選んでお金を払っています。
とても高額であったとしても飛ぶように売れていく商品もあれば、いくら値段を下げても買っていただけない商品もあります。
この大いなる差を生み出す根源が理由なのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆私たちは、理由があれば行動する
◆私たちは、意識的にも無意識的にも比較して決めている
◆ウリが伝わらないと、「違いがないなら安い方を選ぼう」という心理が働く
◆社長1人ではなく、関係する全員がウリを理解し共有していることが大切
◆ターゲットを選定し、伝わりやすいメディアを選び、シナリオを創る
◆「それはもしかして私のことでは?」と感じさせる魅力的な表現を使う
◆どの会社にも必ず、お客様の心に響くストーリーがある
◆マーケティング的幽体離脱で自分を見る「もうひとりの自分」をつくる

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → http://youtu.be/Wx12n2soAlM

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201402issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → http://www.dlmarket.jp/products/detail/248942

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201402_2.html

タグ

2014年2月10日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:マーケティング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ