米満和彦 | 不景気でも儲かり続ける店がしていること


★コミュニケーション販促のすすめ
 『不景気でも儲かり続ける店がしていること』
 米満和彦(販促サポーター、株式会社ザッツ社長)著
 同文舘出版刊 1,400円(税別)

【キーワード】
◆繁盛店は、新規客よりも既存客を優遇している
◆販促の3段階必勝法:新規客獲得→固定客化→ファン客化
◆新規客獲得段階:広告等で店や商品を認知してもらい、顧客リストを収集
◆固定客化段階 :ニュースレターやメルマガで定期的に接触
◆ファン客化段階:1対1の個人接触
◆一つの広告に依存せず、10個以上の新規客獲得の仕掛けを用意する
◆お客様に感動を与えるポストカード販促のために顧客カルテを導入する
◆特別感のあるメッセージを書き、さらに時間差を活用する

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス2011年7月号でご紹介しました 
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年8月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:マーケティング

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ