マーサ・バレッタ | 男の常識をくつがえす新マーケティング


「これ買うわ」と言わせるために
『男の常識をくつがえす新マーケティング』
マーサ・バレッタ(女性客マーケティング・コンサルタント)著
女性客マーケティング研究家 市橋和彦/増野みち子訳
宣伝会議刊 2,000円

【キーワード】
◆分野に関係なく一番大きな金を支出するのは女性
◆女性客マーケティングに真剣に取り組もう
 手がけている企業はまだまだ少ない。今が絶好のチャンスだ
◆結婚、出産など人生のイベントは新しいニーズが生まれるきっかけだ
 そしてそのほとんどは女性の得意分野だ
◆ウィッシュリストで友達や家族を新規顧客にしよう(アマゾン・コム)
◆競合ブランドより自社ブランドに戻る方が簡単になる環境を作ろう
 ウィンダム・ホテルの女性客比率は僅か数年間で19%→35%へと躍進した
◆「誰かを助ける」ことは女性客にとって大事なこと
 ホンダの女性アスリートのための大学進学奨学金
◆女性は比較手法を不愉快に感じる。人をけなさないことだ
 男性であろうと、競合であろうと、他の女性であろうと・・・

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス 2003年12月号でご紹介しました。
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年3月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:マーケティング

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ