ビジネス価値を最大化する思考法(井上裕一郎著)

Pocket

「お困りごと」の中にビジネスの種があり、チャンスがある

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『ビジネス価値を最大化する思考法』(現代書林)に出てきた言葉です。
著者はクリエイティブコンサルタントの井上裕一郎さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

まず、あなたに、ぜひともお伝えしたいことがあります。
それは「お困りごと」の中にビジネスの種があり、チャンスがあるということです。
いろいろなサービスや商品が、世の中みんなの「困った」から生まれてきました。
消費者のニーズはいつの時代にも困っている問題の中に埋もれています。
ですから、問題を解決するモノやサービスがヒットするのです。

これからの時代にビジネスの価値を高めるキーワードをひと言で言うと、それは「共感」です。
いくらよいモノやサービスを提供しても、「どうだ、いいだろう!」という押しつけでは、共感を得ることはできません。
大量のプッシュ型の広告や宣伝では、もはや人の心は動かなくなりました。
「いいね!」と消費者の心が共感しなければ、購買行動にはつながらないのです。

あなたの頭に思い浮かぶ社会性のある「お困りごと」には、どのようなものがありますか?
あなたが気になる世の中の「お困りごと」を10個書き出してみましょう。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆「お困りごと」の中にビジネスの種があり、チャンスがある
◆共感が人を動かす
◆お困りごとと共感は、非常に相性がよい
◆困っている人のホンネを深く理解する
◆お客様・潜在顧客、社内外の関係者、市場の先行者の三方向から話を聞く
◆キーバリューシートで、「強みの種」をたくさん挙げる
◆人に話すことで頭の整理になるし、発想も広がる
◆企業とお客様との理想的な関係は、スポーツチームとファンの関係

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201709issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → http://www.dlmarket.jp/products/detail/515990

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201709_1.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2017年8月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ