福島屋 毎日通いたくなるスーパーの秘密 | 福島徹著

Pocket

必要なことに関しては積極的にコストをかける

この言葉は『福島屋 毎日通いたくなるスーパーの秘密』(日本実業出版社)に出てきた言葉です。
著者は創業40年間黒字を続ける食品スーパーマーケット「福島屋」代表の福島徹さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

店内をいつもピカピカにしておく。
選ばれるお店であり続けるためには、なんといってもクリンリネスが大切です。
スタッフの皆さんに徹底して指導しているのがトイレ掃除です。
トイレの汚い店に、お客様は寄り付きません。
おもしろいもので、トイレをきれいに掃除できるようになると、自然と売り場やバックヤードの清掃もしっかりできるようになり、店全体が明るくなります。

匂いにも気を配っています。
匂いは想像以上に店の雰囲気を左右するからです。
福島屋での惣菜コーナーでは特に匂いを出さないように、揚げ物に使う油を頻繁に交換しています。
コスト管理も大事ですが、それよりも優先しなければならないものがある。
そう思って、必要なことに関しては積極的にコストをかけるように心がけています。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆安売りや折り込みチラシを使わない
◆オリジナルな品揃えとコミュニケーションを大事にした運営管理
◆お客様の目線で売り場や棚を吟味するグラフィック・ワークショップ
◆クリンリネスが大切。トイレの汚い店に、お客様は寄り付かない
◆必要なことに関しては積極的にコストをかける
◆地元の主婦で構成するミセス・プロズ・スマイルズというチーム
◆20年以上前から生産者と直接取引。PB商品も生産者と開発
◆ほぼ毎日開催する「美味しい時間」という講座はいいことづくめ

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201404issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → http://www.dlmarket.jp/products/detail/259842

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201404_1.html

ユーチューブでこの本の要約を試聴

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
ビジネス書名言集の素のメルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2014年3月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ