太田肇 | 「不良」社員が会社を伸ばす

Pocket

★「優等生」型リーダーの時代は終わった
 『「不良」社員が会社を伸ばす』
 太田 肇(同志社大学政策学部教授)著
 東洋経済新報社刊 1,300円(税別)

【キーワード】
◆元暴走族や元ヤンキーは、人間関係の修羅場を経験しているので対人関係を上手に処理できる
◆オタクは、ハマったとき、無類の強みを発揮する
◆工業社会で重視されたのは、優等生の従順さ、粘り強さ、勤勉さ、協調性。
 個性は秩序や均質性を乱すものとして排除されたが、
 ポスト工業社会では価値の源泉として重宝されるようになった
◆優等生は受け身のモチベーション、不良のやりたいことをやる熱意は本物
◆能力革命とモチベーション革命。革命が起きると主役は交代するのが普通だ
 「不良」社員をリーダーに、「優等生」社員をサポーターにしよう

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス2010年12月号でご紹介しました 
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年4月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ