清田茂男 | 愚直に勝る天才なし!

Pocket

★「世界一の町工場」オヤジの哲学
 『愚直に勝る天才なし!』
 清田茂男(清田製作所社長)著
 講談社刊 1,300円(税別)

【キーワード】
◆大きな世界が回るのは、小さな部分部分がしっかり働いているからだ
◆行動の基本は「見たり 聞いたり 試したり」
◆開発という仕事のためにもっとも大事なのは時代の流れを見ること
◆相談を受けることを「目に見えない収入」と考える
◆答えは一つではない。二つか、三つの答えを用意すること
◆「意気投合」は押しつけの中からは生まれない
◆一生懸命やった「結果」が宝物になるのではない
 「一生懸命やったこと」が宝物になるのだ

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス2010年10月号でご紹介しました 
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年4月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ