小山昇 | 経営の見える化


★会社の動きがトコトンわかる!
 『経営の見える化』
 小山 昇(株式会社武蔵野社長)著
 中経出版刊 1,429円(税別)

【キーワード】
◆結果を表示しているだけでは「見える化」とはいえない
 「見える化」とは、結果に至るまでのプロセスが含まれているものだ
◆いきなりオリジナルの経営計画書をつくろうとするな
◆経営計画書は、社員が常に携帯し、使うように工夫すること
◆人は気づきを得ると奮起する
◆サンクスカードで「褒める、褒められる」の関係を社内につくる
◆クレームのような悪い情報を見える化する仕組みをつくる
◆正しいルールが必要なのではない。ルールがあることが正しいのだ

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス2009年12月号でご紹介しました 
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年4月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ