東川鷹年 | 社長が判断すべき重要人事


★社長にしかできない部長以上の重要人事
 『社長が判断すべき重要人事』
 東川鷹年(自創経営システム創始者)著
 日本経営合理化協会刊 9,800円(税別)

【キーワード】
◆重要人事を考えるうえでの二つの大きな課題
 -会社にとって一番重要な人材をどのように揃えていくか
 -上に上がる出番を待つ人をどれだけ揃えることができるか
◆ラインに縦ぐしをしっかり刺す
◆生え抜き社員が全社員の半分を超えたとき、会社は大きく変わりだす
◆部長交替のルールをあらかじめ決めておく
◆採用のときには、会社の現況と将来の方向性をしっかり説明すること
 社風になじめない人を採っても長続きしないからだ

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス2009年8月号でご紹介しました 
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

この本をお得な発行元割引価格で購入する

タグ

2011年4月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ