田中正知 | トヨタ式 カイゼンの会計学

Pocket

★ジャスト・イン・タイムを会計的に説明する『Jコスト論』
 『トヨタ式 カイゼンの会計学』
 田中正知(ものつくり大学名誉教授、元トヨタ生産調査部部長)著
 中経出版刊 1,500円(税別)

【キーワード】
◆Jコストとは各工程に投入されたコストに時間をかけたもの
◆大量仕入れや大量生産が最も成果を上げるという錯覚に陥るな
◆利益率のみに注目せず、収益性を意識せよ
◆従来の会計方式では、「在庫が何日間寝ているか?」という発想がない
◆リードタイムを短縮することで「収益性」を上げる
◆部分最適の和は全体最適ではない
 「Jコスト論」を使って、全体最適を目指そう
 各部門が従来のコストではなく、「Jコスト」を低減させるのだ

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス2009年7月号でご紹介しました 
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年4月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ