浜口隆則/村尾隆介 | だれかに話したくなる小さな会社


★小さな会社のブランド戦略
 『だれかに話したくなる小さな会社』
 浜口隆則(ビジネスバンク社長)
 村尾隆介(スターブランド社、フロントマン)共著
 かんき出版刊 1,400円(税別)

【キーワード】
◆小さなブランド会社には、お客さまではなく、ファンがいる
◆会社には、内向きと、外向きの二つの矢印が存在する
 ブランド会社の矢印は内向きで、必要なものがすべて向こうからやってくる
◆ブランドを構築する近道は、新しいカテゴリーをつくること
◆ブランドをつくるためには「成功するまで続ける」という強い気構えが必要
◆チアフルで笑顔が溢れる職場には、人も、チャンスも集まってくる
 チアフルな職場をつくるために、「気配り屋」を積極採用しよう
◆FUN=FAN。ファンを生むためには、あなた自身が楽しむこと

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス2009年1月号でご紹介しました 
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年4月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ