望月智行 | いのち輝くホスピタリティ

Pocket

★医療は究極のサービス業
 『いのち輝くホスピタリティ』
 望月智行(川越胃腸病院院長)著
 文屋刊 1,400円(税別)

【キーワード】
◆患者様の満足と幸せの追求のために
 1987年に患者様満足度調査を開始
 1992年に医療サービス対応事務局を設置し、サービス窓口を一本化
 「患者様の声シート」で小さな声もしっかりキャッチ
◆集う人(職員)の幸せの追求-ESなくしてCSなし
◆正職員、派遣職員、パート職員などの区別をしない
◆病院の発展性と安定性の追求
 患者様の満足度と新規の患者様の来院人数は比例する

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス2008年12月号でご紹介しました 
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年4月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ