橋本絵里子 | シンガポール航空で見つけた「思いやり」という世界で一番のサービス


★心温まる「思いやり」はこうしてつくる
『シンガポール航空で見つけた「思いやり」という世界で一番のサービス』
 橋本絵里子(客室乗務員養成学校、アークアカデミー代表)著
 Nanaブックス刊 1,200円(税別)

【キーワード】
◆客室乗務員の入社時教育期間は四ヶ月(日本の航空会社の約二倍)
◆宣誓の内容を盛り込んだ社歌を毎朝歌い、その後、宣誓を繰り返す
◆お客さまのところに、できるだけ頻繁に訪れる
◆客席のコールボタンを押されてはいけない
◆お客さまにNoを言わない
◆他社と比較すると、シンガポール航空はクルーの数が圧倒的に多い
◆手厚い従業員満足
 社員に思いやりのある会社だから社員はお客さまに思いやりを提供できる

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス2008年3月号でご紹介しました 
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年4月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ