太田肇 | お金より名誉のモチベーション論

Pocket

★「金銭の成果主義」よりも「名誉の成果主義」が日本人をつき動かす!
 『お金より名誉のモチベーション論』
 太田 肇(同志社大学政策学部教授)著
 東洋経済新報社刊 1,600円(税別)

【キーワード】
◆公務員や会社員が月給や賞与の少しの差にこだわるのはお金のためではない 
給料や賞与の金額が会社の自分に対する評価を表しているからだ
◆積極的に認める「表の承認」と異端を許さない消極的な「裏の承認」
◆「裏の承認」は農業社会や工業化社会には適していた
◆ポスト工業化社会や国際化の時代には「表の承認」にならざるをえない
◆「表の承認」を促進するためにいちばん大切なことは「承認の多元化」
 個人の多様な能力や実績をそのまま認めれば「出る杭を打つ」必要もない
◆個人の名前を出して仕事をする職場が増えているが、任せることが重要

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス2007年3月号でご紹介しました 
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年4月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ