傳田信行 | 世界標準で考える


★インテルで学んだ一番大事なこと
 『世界標準で考える』
 傳田信行(元インテル社長、現在は傳田アソシエイツ社長)著
 あさ出版刊 1,400円(税別)

【キーワード】
◆常にリスク・テイキングし、新しいことにチャレンジし続ける
◆「考えること」「考え続けること」によってシナリオが描けるようになる
◆アウトサイド・ザ・ボックス・シンキング
◆ポジティブ・シンキングとグローバル・シンキング
◆中長期プランを実現する戦略と戦術を徹底的に掘り下げる
◆インテルの最大のミッションはプロセッサを売ることではない
 マーケットをつくり、最終ユーザーを拡大することだ
◆部下の考える能力を高める「質問100連発」
この本はビジネスCDマガジン月刊トークス2007年1月号でご紹介しました 
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年4月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ