坂井優基 | パイロットが空から学んだ危機管理術


★安全を保つためには、現場で使える知恵が必要
 『パイロットが空から学んだ危機管理術』
 坂井優基(国際線ジャンボジェット機長)著
 インデックス・コミュニケーションズ刊 1,600円(税別)

【キーワード】
◆危険の排除は人間の注意力だけに頼らず、仕組みで行う
◆違和感がある場合には、自分に都合のよい解釈をしない
◆最悪を想定して対策をとる
◆他の事例を他山の石とする
◆人間が作った物に「絶対」はない

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス2006年7月号でご紹介しました 
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年4月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ