松井健一 | 強い社長は「ケチ」で「せっかち」「小心」である


☆『強い社長は「ケチ」で「せっかち」「小心」である』
 松井健一(松井経営人事研究所主宰)著
 かんき出版刊 1,400円(税別)

【キーワード】
◆「儲けることはいいことだ」という哲学をもつ
◆変化の激しい今の時代にはスピード感覚が大切
◆「小心翼々」とは「小事に忠実にして大事をなすこと」
◆企業間で人材の格差はほとんどない。あるのはやる気の格差だ
◆やる気は社長の方向づけによって変わる

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス2006年5月号でご紹介しました 
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年4月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ