山近義幸 | 社運を上げる人財哲学!


会社を急成長させるのは「ベンチャー人間」だ!
『社運を上げる人財哲学!』
山近義幸(新卒採用サポート会社、ザメディアジョンCEO)著
PHP研究所刊
1,260円(税込)

【キーワード】
◆安定した平時と乱世では求められる人財が違う
◆経験者を中途採用するのではなく、新卒者を採用しよう
◆採用面接で学生の本音を聞き出すためには、企業側も本音をぶつけること
◆本社の中の様子と入社式と株主総会を学生に見せよう
◆学生たちには三つの「K」給料、休日、教育システムよりも
 会社のミッション、ビジョン、バリューをアピールしよう
◆約一年間の内定フォロー期間を充実させる3つの方法
 (1)メーリングリストの活用
 (2)内定者に名刺を渡す
 (3)社長秘書をやらせる
◆新卒社員を教育する側に必要なのは「誠実さ」
◆教育とは「教える・育てる」ではなく、「教える・育つ」

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス 2005年3月号でご紹介しました。
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年3月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ