長谷川和廣 | 超・会社力

Pocket

2400社余の企業再生をしてきた著者が語る本当に強い会社になるノウハウとは
『超・会社力』
長谷川和廣(日仏合弁企業ニコン・エシロールCEO)著
かんき出版刊
1,575円(税込)

【キーワード】
◆赤字企業に共通する足りないパワーは財務力や収益力
◆財務力や収益力が弱い会社は、経営者も社員も数字に弱い
◆「戦略経営会計」は従来の損益計算書に、経営戦略や財務の重要な項目を
 追加したもの
 -最上部には、市場規模と自社の市場占有率、市場在庫等の予測を書き込む
 -中段は、通常の損益計算書と同じ項目だが、その責任者も書き込む
  例えば純売上は営業責任者、製品原価は製造責任者、粗利益は事業責任者
 -最下部には、貸借対照表のなかで、収益と関わりの深い項目を列記する
  例えば、売掛金回収日数や在庫日数、資本回転数、投資収益率
◆利益を落とさずにコストを削るために、製造費については「総量規制」、
 営業・一般管理費については「ゼロベース予算管理」
◆ビジネスでは、「成功は成功のもと」という考え方が大切

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス 2004年10月号でご紹介しました。
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年3月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ