小倉昌男 | 「なんでだろう」から仕事は始まる!

Pocket

宅急便事業を興した経営者が語る「仕事とは!働くこととは!」の真髄!
『「なんでだろう」から仕事は始まる!』
小倉昌男(ヤマト福祉財団理事長)著
講談社刊
1,365円(税込)

【キーワード】
◆会社の価値は理念、志のあり方で決まる
◆会社の志を明確にするのは
 世間に対して自分たちの存在意義をアピールすることだけではない
 社員の意欲を高めるためにも必要だ
◆「好きな仕事」と「意に染まない仕事」
◆「意に染まない仕事」を楽しんでやるために工夫しよう
◆「なんでだろう」と疑問を持つのは、自分の頭で考えることの第一歩
◆上司がワンマンだと部下は自分の頭で考えなくなる
 多少の遠回りは覚悟の上で、部下に仕事を任せよう
◆企業活動には「良い循環」と「悪い循環」がある
◆常に良い循環を起こすように心がけること
◆長期的な視野も足元をしっかり見ることもどちらも大事なこと

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス 2004年8月号でご紹介しました。
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年3月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ