唐津一 | 儲かる企業の新常識


オンリーワン企業を目指せ!
『儲かる企業の新常識』
唐津 一(東海大学教授)著
ビジネス社刊
1,500円

【キーワード】
◆シチズンは腕時計の中身、ムーブメントで世界シェア40%
 他社がやらなかった中身だけをよそに売ることを積極的に行った経営戦略
◆オンリーワン企業は、どこからどう誕生してくるか見当もつかない
 ヒロボーは紡績機械から農業で使用するラジコンのヘリコプターへ転換
 全国各地に訓練センターを設立し成功
◆島精機製作所はニットの自動編み機で世界一
 木星探査機から送られてくる画像データを受信するためのソフトを活用
◆ヤナギヤはカニ風味かまぼこの製造機械で80%のシェア
 この種の機械は買い換えまでに長期間を要するのが普通だが、ヤナギヤは
 さらに本物のカニに近い風味が出せる機械を次々と考案して買い換えを促進
◆現場現物主義の実践がオンリーワン企業への道だ
 パッケージの表面と裏面の印刷状態で売上が変わる

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス 2004年2月号でご紹介しました。
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年3月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ