山近義幸 | “そいつ”に社運をあずけられるのか

Pocket

採用の達人が教える
『“そいつ”に社運をあずけられるのか』
山近 義幸(ザメディアジョンCEO)著
ナナ・コーポレート・コミュニケーション刊
1,300円

【キーワード】
◆新卒採用を行うと(1)必ず若手社員を変える
         (2)必ず幹部社員を変える
         (3)必ず社長を変える
◆会社説明会会場のロケーションは非常に重要だ
◆採用活動は営業活動であり、プレゼンテーションであり、生き物だ
 状況は常に変わる。その変化に対応していくためにも、
 採用担当者は勉強熱心で、常に向上心を持つ必要がある
◆常連の店をつくるな
◆内定フォロー期間は最大・最高・最適の人財教育の期間
 内定者には名刺を提供しよう(○○年入社予定・内定者の肩書き付きで)
 当社では内定者が内定時期に仕事をもらってくる
◆愛社精神は最初から持っているものではない、育てていくものだ

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス 2004年1月号でご紹介しました。
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年3月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ