前岡宏和 | 松下幸之助の遺伝子


松下幸之助の面接を受けPHP研究所入社第一号の著者が語る
『松下幸之助の遺伝子』
前岡宏和(ヒューマン・マネジメント研究所所長)著
かんき出版刊
1,400円

【キーワード】
◆「立命論的運命観」自らの運命を肯定し、そこに立脚して志を立てる
◆「王者的人間観」-すべての人が王者である
 従い、部下や上司、得意先や下請との付き合い方もすべて五分と五分である
◆教えずして学ばせる教育法
◆事業部長の一番大事な仕事は、将来世界に伸びていくような会社を購入先に
 選んでお付き合いすることである。何でも言うことを聞き、値段を無理して
 下げてくれるようなところとばかり付き合っているようではだめだ
◆素直な心で衆知を集める
◆ライバルを敵と思ってはいけない、ライバルの知恵を借りよ
 それをしなければ、松下電器は今が最高で後は下り坂になる
◆任せて、任せず
◆叱るべき時には叱る

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス 2003年8月号でご紹介しました。
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年3月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ