酒井光雄 | 価格の決定権を持つ経営

Pocket

値決めの主導権を握るためには価値を創り出す企業になれ!
『価格の決定権を持つ経営』
酒井光雄(経営コンサルタント)著
日本経営合理化協会刊
15,000円

【キーワード】
◆取引相手がメーカーであれ、誰であれ、最終的な顧客は一般生活者である
 生活者に評価されれば「カールツァイスレンズ」「ゴアテックス」使用と
 わざわざ表示してくれる
◆顧客を絞ることで顧客を増やせる(ザ・リッツ・カールトン)
◆普通名詞ではなく固有名詞でビジネスを行う
「パソコン」ではなく「VAIO」、「文具通販」ではなく「アスクル」
◆ヒット商品よりロングセラー商品(マヨネーズ)
◆新規顧客より既存顧客
◆超ごひいき顧客の実態をまずつかみ、ノウハウを確立する
◆超ごひいき顧客→ごひいき顧客・リピーター顧客→新規顧客
 多くの企業はこの逆を行い失敗している
◆超ごひいき顧客を大切にすることで新規顧客を創造できる

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス 2003年3月号でご紹介しました。
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

この本をお得な発行元割引価格で購入する

タグ

2011年3月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ