稲垣公夫 | メイド・イン・ジャパンの復活


モジュール化と分業化
『メイド・イン・ジャパンの復活』
稲垣公夫(ジェイビルサーキットジャパン社長)著
経済界刊

【キーワード】
◆「経済のグローバル化」「市場のグローバル化」「製品のグローバル化」
 全世界の競争相手を念頭においてビジネスを行う必要がある
◆進むモジュール化
◆「ワイングラス化」したパソコン業界
 縦方向が売上高、横方向が利益
 上のワインを入れる部分-マイクロソフト-売上高も利益率も大きい
 下の台の部分-インテル-売上高は大きくはないが利益率は高い
 間の細い柄の部分-パソコンメーカー-売上高は大きいが利益率は低い
◆モジュール化はワイングラス化を促進するが、そこでの生き残り策は
 1.キーモジュール供給者になる(例:プリンターのキーモジュール)
 2.サービス企業への転換(IBM)
◆構造を一気に変える-EMS企業へのアウトソ-シング

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス 2003年1月号でご紹介しました。
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年3月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ