レネ・ティッセン | 経営者の7つの大罪

Pocket

社長、そんなに欲張っては会社が潰れてしまいます!
『経営者の7つの大罪』
レネ・ティッセン(世界最大級の国際会計事務所KPMGディレクター)
ジョナサン・エリス(ノンフィクション・ライター)共著
角川書店刊
1,500円

【キーワード】
◆株主利益を最優先するな
◆ライバル企業の真似はするな!二番煎じから抜け出せ
◆自前主義よりも他企業との提携が大事
◆スピーディーに変化に対応するためには資産を持たない
◆今はライバルでも、次の事業では理想のパートナーになる場合もある
◆ハンズオン経営からブレインオン経営へ
◆エンジニアは新しい知識を増やすために絶えず勉強している
 経営者も同じように多くの時間を費やして勉強しなくてはならない
◆モノ中心の古い発想を捨て去れ
◆Aクラスの人材は、すぐに首を切るような会社には戻ってこない
◆知識を自由に交換できるよう、部門間の壁を取り払え
  
この本はビジネスCDマガジン月刊トークス 2002年12月号でご紹介しました。
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年3月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ