小笠原清忠 | 一流人の礼法

Pocket

★社長が身につけるべき“立ち居振る舞い”と“礼儀作法”
 『一流人の礼法』
 小笠原清忠(小笠原流礼法三十一世宗家)著
 日本経営合理化協会刊 8,500円(税込)

【キーワード】
◆小笠原流礼法は、武家のための合理的な作法
◆小笠原流とは弓術・馬術の伝統のすべてを意味するもので、
 礼法はそのごく一部に過ぎない
◆作法や礼法は手順を第一に考えないこと。
 大事なことは「相手に対する思いやりの心」
◆失礼や無礼にならないためには、「間」と「静寂」を大事にすること
◆リーダーの品格は、その組織の品格を決める
◆礼法の基本となる五つの動きは「立つ」「座る」「歩く」「廻る」「礼」

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス2008年9月号でご紹介しました 
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

この本をお得な発行元割引価格で購入する

タグ

2011年4月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:リーダーシップ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ