10秒で伝わる話し方(荒木真理子著)

Pocket

切り出しの10秒はその後の10分より重要である

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『10秒で伝わる話し方』(日本実業出版社)に出てきた言葉です。
著者は気象キャスターの荒木真理子さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

「切り出しの10秒はその後の10分より重要である」と教えてくれたのは、アナウンサーの先輩です。
ビジネスシーンや結婚式などで、何人ものプレゼンやスピーチが続くと、聞き手は疲れたり、飽きたりしてしまい、頭の中では、別のことを考えはじめてしまうものです。

しかし、長いスピーチが終わり、次の人がマイクの前に立って話しはじめる、その瞬間ばかりは、誰もが話し手に注意を向けてくれます。
この10秒間で、いかに聞き手の興味を引き寄せられるかがポイントなのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆一文を50字以内(10秒に相当)短くする
◆切り出しの10秒はその後の10分より重要である
◆小道具を使えば、聞き手の理解を助け、あがり症も防げる
◆「書き言葉」ではなく「話し言葉」で話そう
◆10秒ずつ練習する
◆最初の10秒をつかえずに話せたら、次の10秒に挑戦しよう
◆「メモ式原稿」や「絵コンテ原稿」を活用する
◆頭が真っ白になったときは、タイトルを繰り返す

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201704issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → http://www.dlmarket.jp/products/detail/476533

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201704_4.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2017年4月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:話す・聴く

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ