社外プレゼンの資料作成術(前田鎌利著)

プレゼンの成否を決めるのはプレゼン資料です

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『社外プレゼンの資料作成術』(ダイヤモンド社刊)に出てきた言葉です。
著者はソフトバンク勤務時代、孫正義社長のプレゼン資料を作成。
現在は全国でプレゼンテーション・スクールを展開している前田鎌利さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

プレゼンの成否を決めるのはプレゼン資料です。
社外プレゼン資料のポイントは2つ。
「シンプル&ロジカル」であること。
そして、相手の「感情」に訴えること。この2つです。

まず第一に、「シンプル&ロジカル」でなければなりません。
ダラダラと要領を得ないプレゼンは誰にも聞いてもらえません。
ですから、些末な要素はどんどんカットして、本当に重要な情報だけで骨太のロジックを組み立てる必要があります。

社内プレゼンの場合は、この条件さえ満たせば合格です。
プレゼンする相手は社内の決裁者ですから、「利益に貢献するか?」「実現可能か?」「企業理念に合っているか?」という3つのポイントをシンプルかつロジカルに説明できれば納得してくれます。

しかし、社外プレゼンはこれだけでは足りません。
なぜなら、プレゼンの相手は、利害を共有する身内である社内の決裁者とは異なるからです。

相手には、こちらのプレゼンを聞く「義務」はありません。
だから、「そうそう、そうなんだよ!」「なるほど!」と思ってもらえるよう「感情」を刺激する表現をしなければなりません。
ロジックだけでは社外の人を納得させることはできないのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆「営業プレゼン」と「説明会プレゼン」が社外プレゼンの基本
◆プレゼンの成否を決めるのはプレゼン資料
◆ポイントは2つ。「シンプル&ロジカル」と「相手の感情に訴える」
◆相手の感情の動きを意識しながらプレゼン全体のストーリーを組み立てる
◆ストーリーは1つだけ覚えればOK[共感][信頼][納得][決断]
◆相手の目線でスライドを構成していくことを心がける
◆「聞き手の記憶に刻み込む」が社外プレゼンを成功させる重要なポイント
◆プレゼンにおいて強調するキラーフレーズを見つけ、7回以上繰り返す

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201605issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/343597

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201605_3.html

ユーチューブで試聴する

タグ

2016年5月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:プレゼンテーション

ぐるっと! プレゼン(西原猛著)

プレゼンは「はじめの3分」が運命の分かれ道

この言葉は『ぐるっと! プレゼン』(すばる舎リンケージ刊)に出てきた言葉です。
著者は一般社団法人日本プレゼンテーション教育協会代表理事の西原猛さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

プレゼンで、ぜひ押さえていただきたいポイントがあります。
それは「プレゼンは『はじめの3分』が運命の分かれ道」ということ。

いくら内容がよくても、
スライドがキレイで見やすくても、
高級ブランドのスーツを身につけても、
「はじめの3分」がダメならまずアウトです。

なぜなら、ビジネスの世界では、第一印象が悪いと、なかなか覆らないというキビシイ現実があるからです。

プレゼンがうまい人が最初から堂々と自信があるように話し始めるのは、「聞き手は自信がなさそうな人の言うことは信頼しない」ことを知っているからです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆プレゼンは、はじめの3分が運命の分かれ道
◆プレゼンの目的は、聞き手に具体的な行動を求めること
◆聞き手を動かすために、事実・意見・証拠の3つの材料を揃える
◆プレゼンで話す内容を考えるとき、アイデア連想マップを作る
◆スライドと配布資料は目的が違うので別々に作る
◆いきなりスライドを作り始めない。手描きの絵コンテから始める
◆大きな文字で要点やキーワードだけを書いたプレゼンメモを準備する
◆時間内に収めるために、プレゼン進行表を作って練習する

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201511issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/325946

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201511_3.html

ユーチューブで試聴する

タグ

2015年11月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:プレゼンテーション

社内プレゼンの資料作成術(前田鎌利著)

社内プレゼンは資料(スライド)で9割決まる

この言葉は『社内プレゼンの資料作成術』(ダイヤモンド社刊)に出てきた言葉です。
著者はソフトバンクの社内プレゼンで孫正義社長が「一発OK」を連発し、現在は全国でプレゼンテーション・スクールを展開している前田鎌利さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

プレゼンというと、「話し方」が大事とよく言われます。
確かに、スティーブ・ジョブズが行うプレゼンやTEDのようなプレゼンでは、「話し方」「身振り手振り」など総合的な表現力が欠かせません。
なぜなら、あのような不特定多数の人を対象としたプレゼンの目的は、聴衆の感情に訴えかけて、インパクトを与えたり、共感を集めたりすることにあるからです。

しかし、社内プレゼンは、そうしたプレゼンとは根本的に異なります。
社内プレゼンの対象者は決裁者のみ。
しかも、重要なのは感情ではなくロジック。
だから、普通の話し方で何の問題もありません。

では、社内プレゼンの成否を決定づけるのは何か。
私は、社内プレゼンは「資料(スライド)で9割決まる」と考えています。
決裁者にとって最も迷惑なことはムダに時間を奪うことです。
だから、社内プレゼンは3分、長くても5分以内で終わらせます。
そのためには、プレゼン資料のスライド数を絞り込むことです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆社内プレゼンはビジネスパーソン必修の基本スキル
◆決裁者からゴーサインを得なければ、一歩も先に進めることができない
◆社内プレゼンは不特定多数の人を対象としたプレゼンではない
◆社内プレゼンの対象者は決裁者のみ。普通の話し方でOK
◆社内プレゼンは、資料(スライド)で9割決まる
◆社内プレゼンは3~5分。プレゼン資料のスライド数を絞り込もう
◆プレゼン資料の作成を始めるとき、紙とペンを用意してひとりブレスト
◆プレゼン練習は、スライドを実写しながら最低20回はやる

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201510issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/323249

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201510_3.html

ユーチューブで試聴する

タグ

2015年10月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:プレゼンテーション

『プレゼンは資料作りで決まる!』(天野暢子著)

「通る」資料作りの決め手はGHOUS(ガウス)

この言葉は『プレゼンは資料作りで決まる!』(実業之日本社刊)に出てきた言葉です。
著者はプレゼン・コンシェルジュの天野暢子さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

私は資料を作る際、意思決定者を思い浮かべながら、次の5つを考えています。
ゴール、ホスピタリティ、オリジナリティ、ユーザビリティ、シンプル。
頭文字をとってGHOUS(ガウス)。
「通る」資料作りの決め手はガウスです。

まず、その資料によって「何が」「どうなる」という到達地点を作り手自身が決めていなければ、相手をゴールに誘導することはできません。

そして、資料の善し悪しを決めるのは、感情を持った人間です。
相手への気配り(ホスピタリティ)が心のOKボタンを押させます。

次に、どこかの誰かが作った資料の上書きではなく、自分らしさ(オリジナリティ)を見せることでも選ばれる資料に変わります。

また、相手に気分よく選んでもらうには使いやすさ(ユーザビリティ)はとても重要です。

最後にシンプルです。
説明ではなく直感させることで、相手を考え込ませずにゴールに誘導します。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆資料を作る際、意思決定者を思い浮かべながら、常に次の5つを考える
 ゴール、ホスピタリティ、オリジナリティ、ユーザビリティ、シンプル
◆資料作成の目的は相手の意思決定を導き出すことにある
◆意思決定に必要な情報とは何なのかを「6W2H」で考える
◆通る資料は、相手にとってのベネフィットが盛り込まれている資料
◆読ませて理解させるのではなく、ビジュアルで「見せて」「直感させる」
◆途中で相手が迷わぬようレールを敷き、自分が意図した終着駅まで誘導する
◆細部までの気くばりが資料を通すことにつながる

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201410issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/281528

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201410_3.html

ユーチューブで試聴する

タグ

2014年10月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:プレゼンテーション

このページの先頭へ