新たな“プロ”の育て方(原田宗亮著)

女性職人がいることで、会社の中で新たな視点が確保できた

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『新たな“プロ”の育て方』(クロスメディア・マーケティング)に出てきた言葉です。
著者は建築業界のダイバーシティを推進している原田左官工業所代表取締役の原田宗亮さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

女性職人がいることで、会社の中で新たな視点が確保できたことも大きなメリットです。
男社会の左官業に女性が入ることによって、更衣室や休憩室を整備することになるのですが、そこで男性にだって更衣室や休憩室が必要であったことに気がつきました。

社内のコミュニケーションにおいても、体育会系的な上下関係が当たり前ではない、むしろ必要がないことに気がつきます。
自分たちがこれまでスタンダードだと思っていたことが実はそうではないことに管理スタッフや職人が気づき、考え方も変わっていきました。

会社の雰囲気が変わったことで、いちばん影響があったのは、若い人が入りやすくなったということです。
女性が生き生きと働いている会社ならば、未経験の若い男性も「自分も活躍できるのではないか」と想像してもらえるのではないでしょうか。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆2014年9月、当社の女性左官職人が首相官邸に招かれた
◆店舗の内外装の壁塗りを業務の主軸とする左官業界でも異色の会社
◆インテリアやエクステリアでプレミア感を演出するお店や施設が多い
◆職人であると同時にデザイナー的な技量も求められる
◆職人は個人事業主が多いが、当社では職人を社員化している
◆女性と若者の採用・育成に熱心に取り組む
◆4年間の人材育成システムで入社4年以内の離職率を5%以下に下げた
◆左官名人の作業手順や塗る動きを真似る「モデリング訓練」

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201705issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → http://www.dlmarket.jp/products/detail/483686

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201705_1.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2017年4月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

いい人材が集まる、性格のいい会社(佐藤雄佑著)

求人情報にはハードとソフトの情報がある

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『いい人材が集まる、性格のいい会社』(クロスメディア・パブリッシング)に出てきた言葉です。
著者は株式会社ミライフ代表取締役の佐藤雄佑さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

私はリクルートキャリア及びリクルートエゼクティブエージェントという会社で12年以上、人事・採用の仕事に関わってきました。
昨今、熾烈な人材獲得競争が繰り広げられていますが、私は求人情報にはハードとソフトの情報があると思っています。

ハード情報というのは、企業規模、歴史、ブランド、給料、売上高、利益、業界のポジショニングといった情報で、いわゆる外見です。

ソフト情報というのは、ビジョンや経営理念といった会社の考え方、どんな仲間がどんな理由で働いているのか、働きがいや働き方といった情報で、これが会社の性格です。

性格がいいからといって選ばれるわけではありませんが、逆に性格が悪いといくら事業が良くても選んでもらえません。
つまりはいい人材を採用したいと思ったときに、スタート地点にすら立てないということになるのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆求人情報にはハード(外見)とソフト(性格)の情報がある
◆働きがいをつくる構成要素は、ビジョン・成長・仲間
◆「イクボス」がこれからの時代に求められるマネジメントスタイル
◆性格のいい会社は働く時間と場所の柔軟性を持つ
◆副業と出戻りをOKにして、社員のキャリアや成長を支援する
◆男性の育休は個人にも会社にもメリットがある
◆採用プロジェクトの責任者は社長、採用担当は現場のエース
◆社員の満足度が高いほど、リファーラル採用やSNSは効果を発揮する

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201704issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → http://www.dlmarket.jp/products/detail/476533

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201704_3.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2017年4月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

地域でいちばんピカピカなホテル(宝田圭一著)

お客様の構成は「リピーター6割:新規4割くらい」が理想

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『地域でいちばんピカピカなホテル』(あさ出版)に出てきた言葉です。
著者は現在5軒のビジネスホテルを経営する株式会社川六社長の宝田圭一さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

リピーターの確保はホテルを安定的に成長させていく上でとても大切ですが、「客室がすべてリピーターで埋まる」のは好ましくありません。
お客様の構成は「リピーター6割:新規4割くらい」が理想だと私は考えています。

リピーターの方も、定年退職や転勤、人事異動などで川六のホテルを利用しなくなることもありますから、リピーターだけを頼るのは危険です。
新規を獲得しなければ、絶対的な客数が増えません。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆老舗旅館から宿泊特化型ビジネスホテルへの業態転換し、成功
◆廃業寸前のホテルの再生事業を本格化
◆「挨拶・掃除・電話」の徹底でホテルもスタッフもピカピカに光り出す
◆情報共有のために、エバーノートを活用
◆「お客様満足度の向上」と「従業員満足度の向上」両方に取り組む
◆社員旅行は社員に「新しい体験」を与える大切な時間
◆お客様の構成は「リピーター6割:新規4割くらい」が理想
◆社長が本気になれば、社員にも伝わり、社員が変わり、会社が変わる

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201704issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → http://www.dlmarket.jp/products/detail/476533

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201704_2.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2017年4月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

ヒット商品を生み出す最良最短の方法(はま畠太著)

使命感が素晴らしい商品を生み出すパワーとスピードの源になる

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『ヒット商品を生み出す最良最短の方法』(こう書房)に出てきた言葉です。
著者は商品開発者1000人の勉強会「商品開発の会」幹事のはま畠太さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

「もの」は世の中を、また日々の生活を潤わせるために生み出されます。
したがって、新商品に携わる私たちは、「素晴らしい商品を開発したい」と、もの自体に向き合うのではなく、ものが生まれた後の社会や生活がどのように潤うかにこそ、向き合うべきなのです。

「私の作る商品で、素晴らしい世の中になってほしい」「私の作る商品で、誰かが幸せになってほしい」という、ひたむきで、熱い想いを乗せたものこそが消費者に愛され、ヒットする可能性を多く秘めます。
この熱い想い(使命感)が素晴らしい商品を生み出すパワーとスピードの源になるのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆「もの」が生まれた後の社会や生活がどのように潤うかに向き合う
◆見えている部分だけでなく、見えていない部分を感じ取る力が必須
◆ヒットの確率を上げたければ、消費者の不満を解決する商品を考える
◆定期的に売り場を視察し、情報収集をおこない、感性を常に磨く
◆挑戦し、失敗するからこそ、成功も存在する
◆メモの時点で「他人に伝えられる前提」で書く
◆リラックスできる環境を整える
◆流行は社会全体による共感の連鎖と波動が作り出す

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201703issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → http://www.dlmarket.jp/products/detail/458420

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201703_2.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2017年2月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

このページの先頭へ