仕事ができる人は「声」が違う!(牛窪万里子著)

顔や名前と一緒に声も覚えてもらえたら、ビジネスでは強力な武器になる

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『仕事ができる人は「声」が違う!』(すばる舎リンケージ)に出てきた言葉です。
著者は元NHKキャスター、現在はフリーアナウンサー事務所、株式会社メリディアンプロモーション代表取締役の牛窪万里子さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

ある営業マンの方を指導したときのことです。
その方は電話でのコンサルティング営業を担当されていたのですが、何人ものお客様からよく「怖いイメージの人だ」と言われていたそうです。

男性の場合、女性に比べて、声の音域が低いため、電話になると急に低くてこもった声になってしまう人が少なからずいらっしゃいます。
低くて渋みのある声は、状況によっては魅力的な声になるのですが、ビジネスの場での電話の声としてはあまり適しません。

この方には「電話のときには、普段よりも高い声を出すことを強く意識してみてください」と指導しました。
すると、効果てきめん。
お客様からの反応が著しく変わり、「よく相談に乗ってくれる、話しやすい人」と言われることが増え、営業成績も飛躍的に伸びたのだそうです。

声はあなた自身を強く印象づけるものです。
顔や名前だけでなく、あなたの声も一緒に覚えてもらえたら、ビジネスでは強力な武器になるに違いありません。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆顔や名前と同時に声も覚えてもらえたら、ビジネスでは強力な武器になる
◆「聞きやすい」「印象に残る」・・・と思われる声がビジネスに効く声
◆録音して自分の声を客観的に聞いてみる
◆プレゼンの練習に効果バツグンなのが、新聞を読んで録音すること
◆仕事ができる人の声は、腹式呼吸法によって支えられている
◆自分が目指す声、憧れる声、出したい声の人を見つけて、真似る
◆ビジネスに効く声のために、日ごろから声帯や身体全体をケアしよう
◆大事なプレゼンや打ち合わせの前には、声を出してから本番に臨もう

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201702issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → http://www.dlmarket.jp/products/detail/446807

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201702_3.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

ユーチューブで試聴する

タグ

2017年2月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:話す・聴く

大事なことを一瞬で説明できる本(木暮太一著)

本当に相手の立場に立つためには、強制的に自分の意識を変える

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『大事なことを一瞬で説明できる本』(かんき出版刊)に出てきた言葉です。
著者は著書累計135万部突破、作家の木暮太一さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

人は、自分が興味を持つことしか聞いてくれません。
特にビジネスでいえば、自分の仕事に関係があることしか聞きません。

相手が「自分に関係ある」と思うのは、要するに、「相手が望んでいる話をする」ということにつきます。
当たり前のことに思えるかもしれませんが、これがなかなか難しいのです。
多くの人が「相手のメリットを考えよう」と口にしつつ、自分のことしか考えていません。

本当に相手の立場に立つためには、強制的に自分の意識を変えなくてはいけません。
そこで有効なのは、言葉を変えることです。
次のフレーズを最初の一言目に設定して、そこから話す内容を考えてみてください。
そのフレーズとは、「今日は、あなたが強く望んでいた〇〇を解決する話をいたします」です。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆説明とはセンスではなく、科学である
◆簡単な公式を身につければ、誰でもわかりやすく説明できるようになる
◆わかりやすさには、実は3つの要素がある
◆人は、自分が興味を持つことしか聞いてくれない
◆まず「相手の問題を解決する」という目的を明確に伝える
◆ぼくが提唱している伝え方の公式「テンプレップの法則」
◆難解な言葉は「かみ砕いて」あげれば、相手はぐっと理解しやすくなる
◆最後にその説明に「過不足」はないかを点検しよう

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201609issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → http://www.dlmarket.jp/products/detail/397102

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201609_2.html

ユーチューブで試聴する

タグ

2016年9月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:話す・聴く

初対面でもアッという間に話が弾むメソッド(松本幸夫著)

感情を共有する努力をすれば、ずっと早く親しくなれる

この言葉は『初対面でもアッという間に話が弾むメソッド』(ぱる出版刊)に出てきた言葉です。
著者は著書累計230万部、スピーチドクターの松本幸夫さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

手を取り合って泣くとか、涙が出るほど笑うというように、親しい仲では感情が共有されやすくなります。
逆に、感情を共有する努力をすれば、ずっと早く親しくなれます。
喜怒哀楽、感情を伴う話を相手がしたら、「あっそうですか」などという気のない返事は厳禁です。
いつもの三倍大きなリアクションをするのです。

動作(モーション)は感情(エモーション)を生むといいます。
楽しいから笑うだけでなく、笑うから楽しいのです。
ですから、感情を共有するためには、まずオーバーなくらいにアクションすること。
そのふりをするのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆共通点探しは労多いだけ。親しくなるには、「教えてください」と言おう
◆好かれる前に、まずは嫌われないことを意識しよう
◆初対面で好かれる究極の方法は、あなたのほうから相手を好きになること
◆的確に質問して相手を楽しい気分にさせて、早く親しくなろう
◆「良き聞き手になる」は、人間関係を良くするためのゴールデンルール
◆笑顔は、特に初対面の場合、相手の警戒心を解いてくれる
◆聞き上手になるために、うなづきを多用し、合いの手を入れよう
◆動作(モーション)は感情(エモーション)を生む

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201510issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → http://www.dlmarket.jp/products/detail/323249

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201510_4.html

ユーチューブで試聴する

タグ

2015年10月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:話す・聴く

『「話す」を「お金」に変える技術』(香坂コーリー知永子著)

誰だって自分の話をおもしろそうに聞いてもらえるのはうれしいもの

この言葉は『「話す」を「お金」に変える技術』(サンマーク出版刊)に出てきた言葉です。
著者はヒット商品研究家/テレビショッピングキャスターの香坂コーリー知永子さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

テレビショッピングは、私がしゃべくり倒すのではなく、ゲストに話を向けたほうが、結果的にうまくいくことに気づきました。
私が最初に目指したのは、割合でいえば半々といったところ。
でも、それではまだしゃべりすぎ。
私が30%、ゲストが70%くらいのほうが番組的にもおもしろく、売り上げも伸びるのです。

ゲストのほうが、商品に詳しいので、聞いているうちに、驚くほどおもしろい話が出てきたりします。
「へぇ。そうなんですか」
「すごいですね」
「なるほど、だから○○なのですね」
などと、興味を示しながら話を聞くうちに、ゲストも乗ってきます。

誰だって自分の話をおもしろそうに聞いてもらえるのはうれしいものです。
しかも、自分が心血を注いだ商品の話だから、なおさらです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆通販番組のゲストは、商品の開発や販売、宣伝に関わる人
◆ナビゲーターとゲストのやり取りの良し悪しが、売り上げを左右する
◆どんなモノにも、必ず良いところがある
◆ゲストが70%くらい話すほうが番組もおもしろく、売り上げも伸びる
◆相槌に気を配るだけでも、ゲストの対応が変わってくる
◆自分の知っていることを全部話さず、お客様が求めていそうなことを話す
◆おもしろがって仕事をしよう
◆チャンスを引き寄せる「3もん」の法則

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201509issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → http://www.dlmarket.jp/products/detail/320015

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201509_3.html

ユーチューブで試聴する

タグ

2015年9月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:話す・聴く

このページの先頭へ