最新情報

チャンスは「ムダなこと」から生まれる。(中谷彰宏著)

★最低限の準備をしたところから、本当の準備が始まる

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『チャンスは「ムダなこと」から生まれる。』(現代書林刊)に出てきた言葉です。
著者は1000冊の本を書いている中谷彰宏さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

「準備していますか」と言われた時に、「一応最低限の準備はしています」と答える人がいます。
それは「準備」ではありません。
最低限の準備をしたところから、本当の準備が始まります。

私は博報堂にいたころ、師匠から「このコピーを明日までに300本書いてこい」と言われたら、500本書いていきました。
コピーライターは、他にもたくさん一緒に作業しています。
全員が300本持ってくるので、10人いたら3000本です。
その中で「プラス200本」は必要以上のもので、ムダな準備です。

企画を考える時に、節約を始めた時点でアイデアは出なくなります。
アイデアマンやプランナーは、トップの人ほど出してくるアイデアが多いのです。

最低限の準備は「準備をしている」とは言えません。
「そんなこともあるかと思って」ということで準備をすると、とてつもない量になります。
過去の経験量の多い人ほど、準備は多くなります。
それがその人の想像力になっていくのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆ムダの逆は効率。効率の極致がAI。中途半端な効率はAIにかなわない
◆焦っている人は、すぐに役に立つことを求める
◆ムダができる人は能動的になる。ムダができない人は受動的になる
◆最低限の準備をしたところから、本当の準備が始まる
◆やりがいは、効率の中にはない。ムダなことをするところに生まれてくる
◆個性は、その人がどういうムダをしているかで決まる
◆運は、ムダなことから生まれる
◆効率に何かムダを足すことによって、次のステージへ進化していける

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/DcUHenfH1PQ

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201902issue.html

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201902_4.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2019年2月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

デザイン思考の先を行くもの(各務太郎著)

★未来は「予測するもの」ではなく、自分の手で「創るもの」

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『デザイン思考の先を行くもの』(クロスメディア・パブリッシング刊)に出てきた言葉です。
著者は建築家・コピーライターの各務太郎さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

私が最初に建築の道を志したきっかけは、高校生の頃、図書館でふと手にした『宇宙船地球号 操縦マニュアル』という本との出会いに他なりません。
著者は20世紀を代表する建築家・思想家のバックミンスター・フラー。
フラーはその本の中で、地球をひとつの大きな宇宙船に見立て、その乗組員である私たち地球人が未来に直面するであろう問題を、鋭く、鮮やかに言語化していました。

どうしてこんなにもピンポイントで未来を予測できるのだろう。
私が感じたこのモヤモヤを、彼の遺した次の言葉はものの一瞬で晴らしてくれました。
「未来を予測する最良の方法は、デザインしてしまうことである」。

未来は「予測するもの」ではなく、自分の手で「創るもの」というフラーのコペルニクス的発想の転換こそ、私が現在に至るまで夢中になっている哲学です。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆未来を予測する最良の方法は、デザインしてしまうことである
◆見立てる力とは、抽象化することで同じ土俵で結びつけられる能力のこと
◆デザイン思考とはプロトタイプづくりを軸とした改善のためのツール
◆ハーバード:個人の見立てに基づいた未来からのバックキャスティング
◆ロンドンで生まれたスペキュラティブ・デザイン
◆未来は一本道ではなく、起こり得る可能性に準じて幅があるのではないか
◆デザイナーの役割はこの選択肢から望ましい未来のシナリオを提示すること
◆異なる専門性の掛け合わせ、見立て合いが必要

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/Tuf03AyhYSo

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201902issue.html

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201902_3.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2019年2月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

交渉の武器(ライアン・ゴールドスティン著)

★交渉に臨む前に、プランA、B、Cと複数の選択肢を用意する

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『交渉の武器』(ダイヤモンド社刊)に出てきた言葉です。
著者は「世界で最も恐れられる法律事務所」東京オフィスのトップ弁護士、ライアン・ゴールドスティンさん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

まず「交渉決裂ライン」を決める。
そして、この一線は絶対に譲らない。
この覚悟を決めることが交渉の第一歩です。

ただし、この覚悟は単なる精神論ではありません。
重要なのは、その交渉に一点張りしないことです。
繰り返しますが、交渉は自分の目的を達成する手段に過ぎません。
もしも、これから行う交渉が決裂したとしても、他の手段で自分の目的を達成できればいいのです。

だから、交渉に臨む前に、プランA、B、Cと複数の選択肢を用意しておくことが重要です。
これができれば、目の前の交渉が決裂することをむやみに恐れる必要がなくなります。
心に余裕が生まれ、覚悟も決まる。
交渉が厳しい局面を迎えても、冷静に対応し続けることができるのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆交渉とは、自分の目的を達成するための手段である
◆交渉に勝つことは相手を打ち負かすことではない
◆絶対に得たい自分の目的を明確にすることが、交渉のスタートライン
◆交渉決裂ラインを決める
◆交渉に臨む前に、プランA、B、Cと複数の選択肢を用意する
◆ありとあらゆる手段とルートを使って交渉相手の調査をする
◆交渉の議論のベースとなるのは事実
◆交渉で重要なのは、相手になりきって考えること

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/jYUUBuXrmWg

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201902issue.html

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201902_.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2019年1月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

AIをビジネスに実装する方法(岡田陽介著)

★AI企業に丸投げではなく、社内にAIのスキルやノウハウを蓄えていく

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『AIをビジネスに実装する方法』(日本実業出版社刊)に出てきた言葉です。
著者は日本で最初のディープラーニング企業、株式会社ABEJA代表取締役社長の岡田陽介さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

AI導入の際、社内ですべてを用意できる会社はほとんどありません。
このため、どうしてもAI企業の力を借りることになりますが、その場合もAI企業に丸投げするのではなく、一部だけ力を借りる。
そして社内にAIのスキルやノウハウをできるだけ蓄えていく、というスタンスが大切です。

丸投げせず、AI企業の力をうまく活用しながら導入を進めていく際、社内にAIに強い人材を育てていく必要があります。
AI導入の核となる人材やチームを育て、彼らが周囲の社員に伝播させていく。
そういう組織の設計をしていく必要があると思います。

では、どんな人がAIチームの核となるのか。
人材を選ぶ際に大事なことは、その人たちが「ビジネス発想の観点」を持っているかどうか、です。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆ディープラーニングは、もはや枯れた技術だ
◆AIを運用し、活用する時代に入っている
◆自社の課題の解決策を提示しているAI企業、AI製品を見つけ出す
◆AI企業に丸投げではなく、社内にAIのスキルやノウハウを蓄えていく
◆AIチームの核となるのは、ビジネス発想の観点を持っている人材
◆AIに限らず、IT投資をする際はROI(投資対効果)を重視する
◆ボトルネックとなる経営課題に対し、AIで問題を解決していく
◆科学技術の進歩は線形ではなく、あるタイミングで突然に進歩する

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/q5YYwjmJ7GU

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201902issue.html

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201902_1.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2019年1月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

このページの先頭へ