最新情報

習慣が10割(吉井雅之著)

★受信習慣→言語習慣→思考習慣→行動習慣

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『習慣が10割』(すばる舎刊)に出てきた言葉です。
著者は習慣形成コンサルタントの吉井雅之さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

一般に習慣と呼ばれているものは、正確には次の4つの習慣の連続によって構成されています。
受信習慣(どうインプットするか)
言語習慣(インプットから得たイメージをどう言語化するか)
思考習慣(言語をもとにどう考えるか)
行動習慣(思考をもとにどう行動するか)

さらに「思考習慣」の中には、確信できるか、できないかの「確信習慣」と、良い思い込みか、悪い思い込みかの「錯覚習慣」が含まれます。

多くの人が習慣と呼んでいるものは、4つのうちの「行動習慣」に該当します。
早起きをする、日記をつけるといった習慣は、すべて「どう行動するか」です。
でも実は、行動となって現れる前に、「どうインプットするか」「どう言語化するか」「どう考えるか」というプロセスを経ているのです。

よって「行動習慣」を変えるには、その前に「受信習慣」「言語習慣」「思考習慣」を変える必要があります。
さらには、「錯覚習慣」で思い込みの力を利用し、「自分はできる!」という「確信習慣」を身につけることで、強力な「行動習慣」を作り上げることができるのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆今の自分を作り上げたのは、自分自身である
◆「習慣」が人生のすべてを決めている
◆新たな刷り込みを始めることで、今までとは違う習慣が身につく
◆習慣を変えれば、人生を変えることができる
◆脳の性質を味方につけることが、習慣化を成功させる秘訣になる
◆受信習慣→言語習慣→思考習慣→行動習慣
◆思考習慣の中には「確信習慣」と「錯覚習慣」が含まれる
◆良い習慣を身につけて、充実した最高の人生を送ろう

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/9bn2CDrVNm0

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201903issue.html

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201903_4.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2019年3月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

誰でもなれる アイデアの天才(藤由達藏著)

★すべての課題には必ず答えがある

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『誰でもなれる アイデアの天才』(ぱる出版刊)に出てきた言葉です。
著者は夢実現応援家の藤由達藏さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

アイデア創出の観点からは、すべての課題には必ず答えがあると思いましょう。
これはアイデアを創出するための意識の持ち方です。
人間は、無理だと思ったらそれ以上考えることができないものです。
ところが、あると思っていると、思考は働き続けます。
アイデアもどこかにあるに違いない、と思っていれば、探し続けることができます。
この思いが、アイデア創出には必要なのです。

そのためにもまず自分を信じてください。
根拠がなくても自分はアイデアを生み出す天才だと思い込んでみましょう。
私はアイデアを生み出す天才です。
私はいつでもアイデアを生み出すことができます。
このように自分に言い聞かせ、アイデアの天才になりきって、どんどんアイデアを生み出していきましょう。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆アイデアを生み出す条件を整え、きちんと取り組めば必ずアイデアは出る
◆アイデアを生み出すということを、あまり大袈裟に考えない
◆「すべての課題には必ず答えがある」と思うこと
◆なんの根拠がなくても自分は「アイデアを生み出す天才」だと思い込もう
◆優れたアイデアを出すためには、質より量を重視する
◆アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせである
◆「拡散のプロセス」と「収束のプロセス」を同時にやらない
◆毎日、遊び心を全開にして、楽しくアイデアを生み出していこう

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/2Mml6rS0xng

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201903issue.html

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201903_3.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2019年3月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

伝わるのは1行。(田口まこ著)

★伝えたいことを1行に凝縮するための4つのステップ

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『伝わるのは1行。』(かんき出版刊)に出てきた言葉です。
著者はコピーライターの田口まこさん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

コピーライターの多くはコピーを考えるとき、無意識に次の4つのステップを踏んでいます。

ステップ1、絞る :誰に伝えたいのかを具体化し、ターゲットを絞る
ステップ2、広げる:伝えたいことを、思いつく限り書き出す
ステップ3、選ぶ :書き出した言葉の中から本当に伝えたいことを1つ選ぶ
ステップ4、磨く :選んだ言葉をブラッシュアップし、1行を完成させる

ターゲットを絞る→思考を広げる→伝えたいことを選ぶ→1行を磨く。
これが、伝えたいことを1行に凝縮するための4つのステップです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/jByPR0P04QQ

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201903issue.html

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201903_2.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2019年3月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

決定版 サイバーセキュリティ(ブループラネットワークス著)

★サイバーセキュリティのヒントは泥棒にある

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『決定版 サイバーセキュリティ』(東洋経済新報社刊)に出てきた言葉です。
著者は革新的なサイバーセキュリティ技術を搭載した「AppGuard」を日米で販売する株式会社ブループラネットワークスさん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

サイバー攻撃防衛策で最も重視されているのは、入室管理、ユーザーのパソコンやサーバーにマルウェアを到達させないことです。
様々な防衛策が構築されていますが、現状では日々進化するマルウェア対策に完璧はありません。
戦略の転換が必要です。

ヒントは泥棒にあると、私たちは考えています。
話をシンプルにするために、盗まれては困るものはすべて金庫の中に保管してあると仮定してみましょう。
実際にはそんなことはありませんが、サイバー上では簡単にそういう状況を作ることができます。

さて、泥棒に入られて一番困るのはなんでしょう。
もちろん、金庫の中身を盗まれることです。

だとすれば、泥棒に家に入られたり、部屋を物色されたりすることは、致命的な問題ではありません。
やりたいようにやらせておいて、金庫さえ守ればいい、ということです。

このコンセプトのよいところは、未知のマルウェアであっても、システムの安全性が確保できるということです。
ただ単にシステムに対して悪いことをさせない、不正な行為があればそれを未然に阻止する。
このような対策が取れれば、システム、つまり金庫を強固に守ることができるのです。
これが究極のサイバーセキュリティだと私たちは考えています。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆サイバー攻撃は戦争の道具に利用されるだけではない
◆日常生活にもサイバー攻撃の脅威は潜んでいる
◆サイバー攻撃を仕掛けるハッカーたちも日々、研究努力している
◆現在、サイバー攻撃防衛策で最も重視されているのは入室管理
◆日々進化するマルウェア対策に完璧はない。戦略の転換が必要だ
◆IoT時代になると、セキュリティ管理の対象が膨大になる
◆Connected Worldでは入口ではなく金庫だけを死守する
◆次世代型セキュリティソフトウェアが満たすべき3条件

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/QIy46hF_UeQ

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201903issue.html

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201903_1.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2019年2月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

このページの先頭へ