最新情報

シェアライフ(石山アンジュ著)

★シェアすることで生まれる最も大きな価値は「つながり」

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『シェアライフ』(クロスメディア・パブリッシング刊)に出てきた言葉です。
著者は内閣官房シェアリングエコノミー伝道師の石山アンジュさん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

シェアすることで生まれる最も大きな価値は「つながり」です。
私は2012年ごろから、海外旅行に行く際はシェアプラットフォームを活用するようになりました。

Airbnbで宿泊させてもらったお家の家族と一緒にご飯を食べて、買い物へ行ったり、遊びに行ったり、同じ時間を過ごし、フェイスブックで友だちになる。
すると帰国後も、もう一度その国に行くときには遊びに行ったり、相手が日本に来るときにはこっちが泊めてあげたりできる。

Uberを利用して移動したときには、たった1時間の移動のあいだに話が盛り上がり、恋愛の話までして、その後もSNSで相談し合うような関係になりました。

従来であればホテルに泊まり、タクシーで移動する。
これまでは単に消費して対価を支払って終わりだったサービスが、人とのつながりが個人にストックされていく場になる。
「お客様は友だち」――まるでそんな感覚。
シェアサービスの本質的な価値は、ここにあると思っています。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆シェアは、これからの時代を幸せに生きていくためのキーワード
◆社会全体で「組織」から「個人」へのパワーシフトが起きている
◆シェア時代、主語が「私」から「私たち」に変わってきている
◆シェアすることで生まれる最も大きな価値は「つながり」
◆シェアは暮らしだけでなく、新たな仕事の機会創出にも可能性がある
◆介護をシェアすることで、今の介護人材の不足や疲弊の問題を解決できる
◆個人の時代では、私たち一人ひとりがルールづくりに参画する必要がある
◆ルールや制度をつくる目的は、禁止や制限ではない

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/JIfbGlfW1xE

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201905issue.html

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201905_4.html

タグ

2019年5月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

パート・アルバイトの応募が殺到!神採用メソッド(平賀充記著)

★「履歴書持参」といった当たり前を見直すだけでも、神ワザになる

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『パート・アルバイトの応募が殺到!神採用メソッド』(かんき出版刊)に出てきた言葉です。
著者はツナグ働き方研究所所長の平賀充記さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

求人広告には、当たり前のように「履歴書持参」と書かれています。
しかし、はっきり申し上げると、紙の履歴書は今や前時代的なアイテムです。

そこで提案です。
いっそのこと「履歴書不要」にしませんか。
履歴書がないだけで応募のハードルがグッと下がるのです。

求人広告に「履歴書不要」と表記しただけで、ある雑貨屋さんでは3割、ある倉庫会社では1.5倍、応募が増えたとのことです。

履歴書の代わりとして面接の際に応募エントリーシートに記入してもらえばいいでしょう。
「履歴書持参」といった当たり前を見直すだけでも、神ワザになるのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆店頭に工夫した募集の貼り紙を出す
◆「履歴書持参」といった当たり前を見直すだけでも、神ワザになる
◆電話応募に対して「即レス」「即アポ」を実現するための重要ポイント
◆面接では応募者を選ぶのではなく、「選んでもらう」という意識が大切
◆定着してもらうには「ここには自分の居場所がある」と感じてもらうこと

◆入社から1週間以内、遅くても4週間以内にはフォロー面談を実施する
◆フォロー面談日を初日から決めておくと、面談日までは辞めにくくなる
◆新人アルバイトを褒めるコツは「質より量」

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/G7xtV3USy4Q

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201905issue.html

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201905_3.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2019年5月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

断られない! 営業の心得(戸谷有里子著)

★「提案」よりも「相談」してもらえる状況にする

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『断られない! 営業の心得』(明日香出版社刊)に出てきた言葉です。
著者はビジネススキルインストラクターの戸谷有里子さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

提案営業の時代だと言われていますが、苦戦している営業さんも多いでしょう。
そこで「どうやって提案して、受注して来たのですか?」と聞かれることも少なくありません。
その答えとしては「提案」よりも「相談」してもらえる状況にすることです。

では、どうすれば「提案書」を切り口に「相談」してもらえる状況になるのかをお伝えします。
実は、提案書は提案を採用いただくよりも、関門を突破するための通行手形として活躍してくれるのです。

第一関門は、新規開拓のアポとりです。
提案書を用意しているとお伝えすると、何かメリットがあるかもしれないと感じていただけるため、アポはとりやすくなります。

第二関門は、ニーズを引き出すことです。
提案書の内容から、相手のニーズと合っている点、ずれている点などを引き出すということです。
たたき台として提案書があり、方向性を確認する流れで話をしていくと自然な流れでニーズを見つけ出すことができます。
この流れが定着すると、自然とご相談をいただけるようになります。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆「できない」という言葉を使わない
◆新規開拓の訪問でお客様の扉を叩くあなたは、得体の知れない不審者A
◆新規訪問の流れのステージは7つある
◆断る理由を消してあげないと前には進まない
◆「提案」よりも「相談」してもらえる状況にする
◆提案書は関門を突破するための通行手形として活躍してくれる
◆熱量を合わせてくれるメンバーを持つ
◆あなたの笑顔が周りの人を笑顔にする

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/v6siIDBuKWk

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201905issue.html

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201905_2.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2019年4月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:営業

LEADER’s LAMDA(川原慎也著)

★あらゆる問題には、階層があることを意識する

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『LEADER’s LAMDA』(すばる舎リンケージ刊)に出てきた言葉です。
著者はみなとみらいコンサルティング株式会社 代表取締役の川原慎也さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

LAMDAのAはASK:問いかけて背景を理解するというフレームです。

まず、あらゆる問題には、階層があることを意識するようにしてください。
例えば、「業績が上がらない」といった問題について、私は「結果中の結果だね」という表現をするようにしています。
もっとも表層的なところにある問題だというイメージを共有するためです。

一方で、議論をし尽くした中でメンバーが抽出してきた問題については、「それこそが原因中の原因かも知れないね」といった表現をします。
つまり根本的な問題であるというイメージです。

そして、「原因中の原因」に対する打ち手を打たない限り、類似した問題が発生し続けてしまいます。
だから、「原因中の原因」を見つけ出す必要がありますが、そのためのスタートとして役に立つのが、「問題の見える化ツリー」です。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆L(LOOK):現地・現物を観察する
◆A(ASK):問いかけて背景を理解する
◆原因中の原因を見つけ出すための「問題の見える化ツリー」
◆M(MODEL):プロトタイプ等でMODEL化する
◆D(DISCUSS):具体的なポイントを議論して深める
◆A(ACT):決定事項をベースに実行する
◆リーダーは自ら実行せず、メンバーに実行させること
◆メンバーのパフォーマンスを高める工夫をする

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/-PpQmgAudTU

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201905issue.html

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201905_1.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2019年4月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:リーダーシップ

このページの先頭へ