最新情報

絶対に身につけたい 本物の接客(菊地麻衣子著)

ほんの一瞬手を止めるだけで印象は急激に洗練される

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『絶対に身につけたい 本物の接客』(明日香出版社刊)に出てきた言葉です。
著者はホスピタリティマインドトレーナーの菊地麻衣子さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

接客では、ちょっとした動きが印象を変えます。
例えば、雑に見えるお辞儀と丁寧なお辞儀の違いは、メリハリです。
言葉と共にお辞儀をする同時礼と、言葉のあとにお辞儀をする分離礼では、分離礼の方が丁寧に見えます。

また、仕事に慣れてくるほど、陥ってしまいがちなのが「ながら動き」です。
「失礼いたしまーす」と声をかけているときに、もうテーブルに商品を置き始めている。
「ご案内します」と言いながら、もう歩き出している。
慣れてくるほど、「止め」を忘れてしまいがちです。

ほんの一瞬手を止めるだけで印象は急激に洗練されます。
カウンターでたくさんのお客様を対応しなければいけない仕事であれば、お客様の番が来たときに一瞬作業の手を止める。
しっかり目を見て「お待たせいたしました。いらっしゃいませ!」と言葉のあとにお辞儀をするだけでいいのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆「本物の接客」を実現している方々は職人に似ている
◆接客する場所は舞台、私たちはその舞台に上がる俳優
◆道具を大切にしている真摯な姿勢は必ず周囲に伝わる
◆お持ちものだけでなく、時間を大切に扱うことが本物の接客
◆作り笑顔も必ず本物の笑顔になる
◆ほんの一瞬手を止めるだけで印象は急激に洗練される
◆これからの接客業は、コンシェルジュ化していく
◆機械ができることは機械に任せ、人にしかできないことを磨いていく

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/5oOO7OzHnvw

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201812issue.html

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201812_2.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年12月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

消費は0.2秒で起こる!(西田文郎著)

購買の鍵は扁桃核が握っている

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『消費は0.2秒で起こる!』(現代書林刊)に出てきた言葉です。
著者は日本のイメージトレーニング研究・指導のパイオニア、株式会社サンリ会長の西田文郎さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

私は、大脳生理学と心理学を利用して脳の機能にアプローチする「スーパーブレイントレーニング」を構築し、経営者やアスリートなど、多くの皆さんの夢の実現や成功のサポートをさせていただいてまいりました。

指導を行う際に、必ずお伝えしていることがあります。
うまくいく人の脳は、必ず「快」になっている――ビジネスにせよスポーツにせよ、成功する人の脳はいつでもワクワクした「快」の状態になっています。

快・不快の感情を動かしているものが扁桃核という脳の中の小さな組織です。
扁桃核が「快」にならなければ、「欲しい」という肯定的な感情も起こらず、「買う」という行動にもつながりません。
購買の鍵は扁桃核が握っているのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆うまくいく人の脳は、必ず「快」になっている
◆購買の鍵は扁桃核が握っている
◆消費者の購買行動を促すには、消費者の脳を「快」にすること
◆「オヤ? ふむふむ なるほど!」の法則
◆おかずがたくさんついていると、ウキウキして、脳が「快」の状態になる
◆大きく儲けるために一番必要な能力は他喜力
◆魂レベルでお客さまを喜ばせる
◆儲けたいならゴールを先に設定する

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/KyIWQIhXFho

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201812issue.html

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201812_1.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年11月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

人がうごくコンテンツのつくり方(高瀬敦也著)

アイデア自体にそこまで大きな価値はない

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『人がうごくコンテンツのつくり方』(クロスメディア・パブリッシング刊)に出てきた言葉です。
著者はコンテンツプロデューサーの高瀬敦也さん。
(高は機種依存文字の「はしごだか」です)
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

コンテンツづくりは、一人ではできません。
取っ掛かりとなる企画を考える人、デザインする人、実際にモノをつくる人、宣伝する人など、たくさんの人が関わります。

「アイデアはあるけど形に出来ない人」がいれば、「アイデアはあまりないけれど形をつくるのは得意な人」もいます。
そういう意味で言うと、アイデア自体にそこまで大きな価値はありません。
アイデアは「誰かに伝え、それを形にし、さらにたくさんの人に知ってもらってこそ価値がある」のです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆世の中のすべてものは、誰かがコンテンツだと思えばコンテンツ
◆コンテンツ化するときのポイントは、「どこから見るか、誰から見るか」
◆コンテンツづくりは、一人ではできない
◆アイデアは、それを形にし、多くの人に知ってもらってこそ価値がある
◆コンテンツをつくるとき、まず、最初に決めることは目的
◆たくさんの人の心に伝えるために「大儀」は欠かせない
◆コンテンツを広げるために最も必要なことは「続ける」こと
◆アイデアがあったらつくろう。コンテンツは世に出すことに意味がある

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/ANc7UtWoFe8

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201811issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/619592

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201811_4.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年11月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

「営業」は必ず君の武器になる(高城幸司著)

どんな職業についても営業がついてくる

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『「営業」は必ず君の武器になる』(日本実業出版社刊)に出てきた言葉です。
著者は人事・組織コンサルタント、株式会社セレブレイン代表取締役の高城幸司さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

ここで皆さんに知ってほしい事実があります。
これからの時代、営業的なスキルを持つことが、誰でも避けられない時代になってきます。
医者や弁護士でも「自分を売り込む」営業力が必須です。
会社でも、営業をはじめ、複数の仕事を経験させる人事異動がトレンドです。

あるゼネコンでは、営業現場の経験を設計に活かして欲しい、あるいは、新たなキャリア形成の機会になることを望む、と設計部門の社員の半数を3年以内に営業職に異動させると宣言しました。
この宣言に設計部門は大騒ぎになったものの、大半の社員は受け入れて営業職へ異動していきました。

こんなふうに、営業職への人材の大異動はあちこちで行なわれるようになっています。
だとしたら、「どんな職業についても営業がついてくる」と腹をくくり、だったら少しでも早いうちにやっておいたほうがいい、と思ってください。
自分に与えられたミッション(役割)に対しては、ポジティブに取り組んだほうがいいに決まっています。

営業をいきなり「大好きになれ」とは言いません。
ただ、多少は心と裏腹でも楽しそうに、イキイキと仕事をするフリをしてみませんか?
すると、不思議なことに仕事が好きになります。
どんな仕事でも、あなたの発想と行動で素晴らしいものになるのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆これからの時代、どんな職業の人でも「自分を売り込む」営業力が必須
◆楽しそうに仕事をするフリをすると、不思議なことに仕事が好きになる
◆「考えない営業」と「考える営業」
◆「考える営業」ができるようになると感謝の言葉をいただく機会が増える
◆クロージングではお客様に早期の決断がメリットを創出することを訴える
◆目先の売上のために小さな技を覚えるより教養を磨く
◆売れていなくても明るく、朗らかに振る舞えば、いい仕事が舞い込むもの
◆大変な労力がかかっても、営業の仕事をするのであれば、ブレーンを目指す

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/uPtiIH3HlGA

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201811issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/619592

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201811_3.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年11月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:営業

このページの先頭へ