最新情報

勝ち続ける技術(宮崎正裕著)

最後のところでしか、運には頼らない

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『勝ち続ける技術』(サンマーク出版)に出てきた言葉です。
著者は神奈川県警察剣道首席師範の宮崎正裕さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

運がつくとか、運が向いてきたとか、あるいはツキが回ってきたという言葉を、われわれは普段でもよく使います。
私は、普段からきちんと稽古を積んで、やることをしっかりとやるような人間でないと、運もつかないのではないかと考えています。

しかも私は「運は、無尽蔵にあるわけではなく、決まった量しかない。だからこそ、ここ一番で使ったほうがいい。しのげるところは自力でしのげ」といつも自分に言い聞かせてきました。

「この勝負は落とせない、負けるわけにはいかない。だから、やるべきことはすべてやった、あとは天に任せる」というような最後のところでしか、運には頼りません。

そこに至るまでは絶対勝ちにいくのだと覚悟を決め、可能な限りの練習、研究、工夫を繰り返します。
そして、最後の一番まで「運の量」を残しておくのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆見取り稽古で得た選手全員の情報や知識は、大学ノートにすべてメモ
◆防御に徹し、相手のスキを待ち、一本取る
◆事前に作戦を練って試合に臨み、終わると敗因・勝因を振り返る
◆病気をしない、ケガをしない、休まないということは勝つための基本
◆非常にコンディションがいい、と思うときほど注意が必要
◆道具を使う競技ではその手入れは大変重要だ
◆勝負に勝つには、試合の潮目や流れを常に意識して読んでおくこと
◆最後の一番まで「運の量」を残しておく

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201705issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → http://www.dlmarket.jp/products/detail/483686

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201705_4.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2017年5月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

ミス・ムダがゼロになる「集中力」(須崎恭彦著)

初頭効果と終末効果

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『ミス・ムダがゼロになる「集中力」』(明日香出版社)に出てきた言葉です。
著者は集中力・記憶力を高めるための実践メソッド、シルバメソッド公認講師の須崎恭彦さん。
須崎さんの「崎」のつくりは「立」ですが、機種依存文字なので「崎」を使用しました。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

あなたは何かに取り組んだとき、最初と最後が効率がいいことに気づいていますか?
これは心理学的には「初頭効果」と「終末効果」と呼ばれ、何かに取り組むと必ず、初頭効果→中だるみ→終末効果と推移します。
それに伴い、集中力は「高い→低い→高い」と変化していきます。

ということは、長時間物事に取り組むと、中だるみの時間が増えることになります。
疲れているから、終末効果もさほど高まらないという状態になってしまいます。

ではどうしたらいいのかというと、20分集中→5分作業→20分集中→5分作業→20分集中→・・・・・・と、短時間で繰り返すことをオススメします。

20分集中と申しあげましたが、集中できる時間には個人差があります。
自分はどれくらいの時間なら集中して取り組めるのかを、ストップウォッチを使って測定してみてください。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆集中力が発揮できない人はいない
◆最初と最後が効率がいいのは「初頭効果」と「終末効果」
◆中だるみの時間が増えるため、人は長時間集中し続けられない
◆20分集中→5分作業→20分集中→・・・・・・と、短時間で繰り返す
◆現実的なスケジュール管理のために、日常行うことの多い作業を実測する
◆電話当番制で「業務に没頭できる時間」を作る
◆仕事を効率よく終わらせるための準備は前日の退社前に始まる
◆脳はリラックスしたとき、思考活動に最適な状態になる

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201705issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → http://www.dlmarket.jp/products/detail/483686

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201705_3.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2017年5月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

防衛大で学んだ無敵のチームマネジメント(濱潟好古著)

モットーは「今いる社員を一流に」

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『防衛大で学んだ無敵のチームマネジメント』(日本実業出版社)に出てきた言葉です。
著者は組織マネジメント・人材育成コンサルタントの濱潟好古さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

リーマンショックの後遺症がまだまだ残る時期に上司が突然退職し、私は管理職になりました。
当時、私が在籍していたIT系のシステム開発会社は、離職率が高いときには80%にまでなるような会社で、当然、業績は伸び悩んでいます。

事業部の1つを任せられたものの、残った部下たちといえば、「過去に2回、リストラ宣告を受けた社員」「売上低空飛行を続ける社員」などのネガティブな人たちばかり。
会社からは予算の達成を厳命される中、ワラにもすがる思いで導入した仕組みが、「防衛大式マネジメント」です。

私は、幹部自衛官を養成する防衛大学校(防大)を卒業しています。
そんな大学校で学んだマネジメント手法は、上司の命令には絶対服従、ありとあらゆるハラスメントを含んだ厳しい内容を想像するかもしれません。

しかし、答えはノーです。
場当たり的な気合や根性といった精神論ではありません。
リーダーから部下に対する一方的な押し付けでもありません。
それでは人は動いてくれません。
「今いる社員を一流に」をモットーに、誰一人落ちこぼれを出さずにチームの成果を最大化するマネジメント手法です。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆防大式マネジメントで落ちこぼれを出さずにチームの成果を最大化
◆公明正大なミッションを掲げると人は動き、組織の動きが加速する
◆防大式マネジメントで営業マン1人あたり粗利益が平均約2.4倍
◆毎日ミッションを発信し、日々「達成」を感じてもらうことから始める
◆目標達成の風土が根付いている組織は動き続ける
◆たまたま出た「結果」の話は一切やめ、「成果」の話だけをする
◆今いる社員を一流にして、動き続ける組織を作る
◆リーダーが覚悟を決めた瞬間に、組織の成長は始まる

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201705issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → http://www.dlmarket.jp/products/detail/483686

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201705_2.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2017年5月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:リーダーシップ

新たな“プロ”の育て方(原田宗亮著)

女性職人がいることで、会社の中で新たな視点が確保できた

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『新たな“プロ”の育て方』(クロスメディア・マーケティング)に出てきた言葉です。
著者は建築業界のダイバーシティを推進している原田左官工業所代表取締役の原田宗亮さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

女性職人がいることで、会社の中で新たな視点が確保できたことも大きなメリットです。
男社会の左官業に女性が入ることによって、更衣室や休憩室を整備することになるのですが、そこで男性にだって更衣室や休憩室が必要であったことに気がつきました。

社内のコミュニケーションにおいても、体育会系的な上下関係が当たり前ではない、むしろ必要がないことに気がつきます。
自分たちがこれまでスタンダードだと思っていたことが実はそうではないことに管理スタッフや職人が気づき、考え方も変わっていきました。

会社の雰囲気が変わったことで、いちばん影響があったのは、若い人が入りやすくなったということです。
女性が生き生きと働いている会社ならば、未経験の若い男性も「自分も活躍できるのではないか」と想像してもらえるのではないでしょうか。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆2014年9月、当社の女性左官職人が首相官邸に招かれた
◆店舗の内外装の壁塗りを業務の主軸とする左官業界でも異色の会社
◆インテリアやエクステリアでプレミア感を演出するお店や施設が多い
◆職人であると同時にデザイナー的な技量も求められる
◆職人は個人事業主が多いが、当社では職人を社員化している
◆女性と若者の採用・育成に熱心に取り組む
◆4年間の人材育成システムで入社4年以内の離職率を5%以下に下げた
◆左官名人の作業手順や塗る動きを真似る「モデリング訓練」

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201705issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → http://www.dlmarket.jp/products/detail/483686

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201705_1.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2017年4月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

このページの先頭へ